財政出動「一本足」のアベノミクス、高まる歳出圧力で健全化遠く
12月20日、安倍政権下での財政健全化が停滞している。20年度当初予算は歳出総額が102兆6580億円で過去最高となった。過去最高の税収を見込みながら、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の赤字幅は縮小しなかった。写真は都内で9日撮影(2019年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 20日 ロイター] - 安倍政権下での財政健全化が停滞している。20年度当初予算は歳出総額が102兆6580億円で過去最高となった。過去最高の税収を見込みながら、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の赤字幅は縮小しなかった。日銀の金融緩和による景気浮揚力が限られる中で、アベノミクスは財政政策がけん引する形となり、歳出改革へのかじ取りは厳しさを増しそうだ。

前年度剰余金、震災以来の使い切り

「安倍内閣発足以来、国債発行額を8年連続で減額」――20年度予算案の閣議決定後、財務省が公表した予算案のポイントをまとめた資料には、今回も国債発行を減らす文言が入り、経済再生と財政再建の両立がアピールされた。しかし、国債発行の減額幅は1043億円。前年度比約1兆円の減額となった19年度に比べ、減少ペースは鈍っている。

 一方で資料からは、PBの赤字幅縮小に関する1文が抜けた。20年度のPBは9兆2047億円の赤字と、19年度の9兆1523億円の赤字からわずかに悪化したからだ。

 予算編成が本格化する前、財務省のある幹部は「安倍政権下では、一貫して新規国債発行は減少してきた」と強調し、20年度の国債発行も減額すると示唆していた。ただ、経済対策や社会保障の充実など高まる歳出増の圧力を前に、どう歳入を工面するのか、予算案には財務省の苦心がにじむ。