「絶対に成功させろ。厳命だ、営業企画部長」

 粘着質そのものの岡の視線が半沢に向けられる。正直なところ、確実に成功するという自信はなかったが、反論する場面でもない。「全力で臨みます」、というひと言を残し、半沢は社長室を辞去した。
「社長はなんとおっしゃってましたか」

 自席に戻ると、期待の笑みを浮かべた諸田が半沢のところへやってきた。岡の褒め言葉をききたかったに違いないが、「期待大だが、失敗は許されない」、といった半沢を前に、表情を引き締めた。

「いまプロジェクトチームでスキームを練っていますので、まもなくご報告できるかと」

「いいスキームはできそうか」そうきいた半沢に、

「気合で作りますよ」

 諸田は精神論を口にし、不安にさせる。
 こういう言い方は銀行時代によくきいた。そしてそのたびに、うんざりさせられたものだ。気合で乗り切れるほど、簡単な話か。物事には、成功させようとしたってできないことはいくらでもある。

 営業企画部次長という要職にある者に、半沢が期待するのは事態を見極める冷静な判断力だが、諸田にはそれが有るか。

「“鋭意努力しましたが、ダメでした”では済まないからな。ウチの今期業績を左右する事案になる」

「承知しております。この買収案件を成功させられないようでは、証券会社としての将来はありませんから」

 諸田はさらに根拠のないスジ論を口にして、半沢をうんざりさせた。

「今後のこともあるからいっておくが、そういう精神論とかはともかく、客観的な検討をしてくれないか」

 諸田の表情が微妙に歪む。自分の仕事ぶりを半沢が認めていないことが不満なのだ。
「部長、本件は私が責任をもってやり遂げますので、全面的に任せていただけませんか」

 少し苛ついた口調で、諸田はいった。銀行時代は証券部門で、畑違いの半沢よりも詳しいという自負もあるだろう。「プロジェクトチームは当社の選りすぐりばかりです。客観的に分析したところで所詮、予測に過ぎません。結果が全てなんじゃないでしょうか」

 もともとプライドの高い男である。話しているうち内面の怒りを抑えられなくなった諸田は、みるみる顔を真っ赤にしていった。

*ダイヤモンド・プレミアム有料会員の方は、こちらから全編をお読みいただけます

>>第9回を読む