橘玲の日々刻々 2020年1月2日

「ネットによって社会の分断が起きた」のでなく
「ネットメディアを使う人に政治的に過激な人が増えた」
【橘玲の日々刻々】

 さまざまな世論調査で、安倍政権への支持率は20代、30代の若者世代で際立って高い(より正確にいうなら「男性の若者」になる。若い女性の安倍政権への支持率は高齢者世代に比べて高いわけではない)。ここからリベラルなメディアや知識人は、「若者が右傾化している」と警鐘を鳴らしてきた。

 私はずっと、この類の「若者右傾化論」に疑問を感じてきた。同様にさまざまな世論調査で、夫婦別姓や同性婚など「リベラル」な政策への支持は、高齢者世代よりも若者世代の方が際立って高いことが示されているからだ。

 これは嫌韓・反中でも同じで、朝日新聞の世論調査(2019年9月17日)では「韓国を嫌い」と答えたのが60代の36%、70歳以上では41%だったのに対し18~29歳では13%しかおらず、逆に「韓国が好き」は、60代の10%、70歳以上の7%に対して18~29歳は23%と2~3倍も多かった。これは、毎月のように嫌韓・嫌リベラルの記事を掲載する「保守雑誌」や、ベストセラーになった嫌韓本の読者が高齢層に偏っているというデータとも整合的だ。

 ここからわかるのは、日本でも世界と同じように若者が「リベラル化」しているという事実だ。だとしたらなぜ、政党では自民党を支持するのだろうか。

 その理由はシンプルで、若者たちは自民党を「リベラル」、共産党を「保守」に分類しているのだ(詳しくは『朝日ぎらい』〈朝日新書〉で論じたので、興味があれば読んでほしい)。

 田中辰雄・浜屋敏『ネットは社会を分断しない』(角川新書)を興味深く読んだのは、同じように、誰もが当たり前に論じている前提になんの根拠もないことを暴いたからだ。

「ネットによって社会の分断が起きた」という通説

 1990年代のインターネット創成期には、「ネットが社会をよくする」というユーフォリアが溢れていた。だがそれから四半世紀を経た現在、かつての希望は絶望にとって代わられた。ひとびとに大きな衝撃を与えたのは、(いうまでもなく)2016年のブレグジット(イギリスのEUからの離脱)と、米大統領選で稀代の“ポピュリスト”であるドナルド・トランプが当選したことだ。

 この頃から、「先進国では社会の分断と二極化が進んでいる」との認識が当然の前提とされるようになった。このことはデータでも確かめられていて、アメリカの支持政党別の意見分布を見ると、1994年と2004年は共和党支持者と民主党支持者の意見はどちらも中央付近に集まっていたが、2014年には保守とリベラルに二極化していることがはっきりと確認できる。――2016年の“トランプ旋風”がアメリカ社会を分断したのではなく、それ以前に社会が分断されていた結果としてトランプが大統領になったのだ。

 2004年からのわずか10年間でこれほど大きな変化を起こしたのは何だろう。誰もが真っ先に思い浮かべるのは「ネット」にちがいない。2000年代はじめはようやくブログが始まったばかりで、FacebookやTwitterのようなSNSも、スマートフォンの常時接続もなかったのだ。

 分断のネット原因説は、「エコーチェンバー」と「フィルターバブル」で説明される。

 エコーチェンバー(残響部屋)に入ると自分の声が異常に大きく聞こえる。それと同じように、SNSで自分と同じ意見のメンバーだけをフォローすると、互いの声が反響して、世界には自分たちと同じ意見しかないような錯覚が生じる。

 Googleなどプラットフォーマーは、デジタルマーケティング戦略として、ユーザーの趣味嗜好にもっとも適した検索結果を表示するようにアルゴリズムを調整している。こうした「行動マーケティング」や「協調フィルタリング」によって、偏りのない立場でネットを使っていると思っていても、検索結果はネット上でのユーザーの行動に合わせた偏ったものになる。これがフィルターバブルで、ユーザーは知らないうちにバブル(気泡)に閉じ込められたような状態になってしまうのだ。

 エコーチェンバーやフィルターバブルが需要(ユーザー)側の行動(選択的接触)だとすれば、供給側では「パーソナルメディア化」が進行している。これは大手新聞社の記事と個人のブログ、テレビ番組とYouTubeの動画が等価に扱われることだ。いまやネットメディアは右から左まで無限に増殖し、ユーザーは自分の好きな政治的意見を選択することができる。

 「誰もが自由に情報発信し、世界中がそれにアクセスできる」というネットの特徴が、メディアの需要側と供給側に巨大な変化を引き起こし、それに引きずられるように社会全体が分断された。――この“通説”にはかなりの説得力がある。

通説とは逆で「ネットメディアを使う人に政治的に過激な人が増えた」

 田中・浜屋両氏は本書で、10万人規模のアンケート調査に基づいてこの“通説”を覆していく。その鮮やかなロジックは本を読んでいただくとして、ここでは結論だけをかんたんにまとめておこう。

 ネットが社会を分断しているのなら、二極化は若者層ほど顕著になるはずだ。デジタルネイティブの若者たちほどネットを利用する頻度は高く、高齢者になるほどネットへのアクセスは減り、テレビや新聞・雑誌などの「オールドメディア」と接触する頻度は上がるだろうから、この前提は妥当なものだ。

 だったら、年齢別に二極化の程度を調べてみれば、ネット分断原因説が正しいかどうか検証できる。これが本書の基本的なアイデアだ。

 その結果、著者たちが発見したのは「中高年ほど政治的に過激な人が多く、分極化している」という予想外の事実だ。そのちがいはきわめて大きく、20代の若者と70代の高齢者のあいだには、政治的過激度の点で男女の平均的な差と同じ程度の差があるという。

 だが冷静に考えてみると、これはそれほど驚くことではない。先に保守雑誌や嫌韓本の読者が高齢層に偏っていることを指摘したが、官邸前で「民主主義を守れ」とデモをしたひとたちも、数少ない大学生グループを前に押し立てていたものの、その大半は団塊の世代(全共闘世代)と思しき高齢者だった。

 じつはアメリカでも、同様の指摘がなされている。1996年から2012年まで4年間隔で世論調査の分極度を調べた研究では、18歳から39歳の若者層の分極度の平均は高齢者世代よりも低いばかりか、分極化の進行度合いもゆるやかで、2004年以降はむしろ下がっている。それに対して65~74歳と75歳以上の高齢者世代は、1996年には若者世代より分極化していなかったにもかかわらず、その後は政治的に過激化し、2012年には若者たちより分極化するようになった。この論文の著者たちは、アメリカ社会の分断の原因は「(高齢者世代の既得権を脅かす)資産格差や反グローバル化、移民問題」などほかのところに求めるべきだと述べている。

 日本でもアメリカでも、高齢者世代が政治的に過激化する一方で、若者が分極化していないとするならば、社会の分断をネットのせいにするのは論理的ではない。こうして著者たちは、「ネットメディアを利用した結果として分極化するのではなく、先に分極化した人がおり、彼らが好んでネットメディアを利用しているのではないか」と考えるようになる。

 これは、従来の“通説”の因果関係を逆転させたものだ。すなわち、「元々政治的に強い主張を持つ過激な人は一定数、世の中に存在しており、彼らは世の中に言いたいことがあるからネットメディアも積極的に使おうとする」⇒「その結果、ネットメディアを使う人に政治的に過激な人が増えた」⇒「これを外側から見ると、ネットが社会を分断させているように感じられる」という因果関係になる。

 もうひとつ興味深いのは、ネットメディアを使うと分断化が進むのではなく、逆に穏健化していることだ。より詳細に分析すると、①20代~30代がブログを使いはじめたとき、②女性がブログを使いはじめたとき、③もともと穏健だったひとがTwitterを使いはじめたときに穏健化が統計的に有意で、逆にもともと政治的に過激だったひとがTwitterを使いはじめるとさらに過激化する傾向が見られた。ちなみにこれも、アメリカの研究で同様の結果が示されているという。

 なぜこのようなことが起きるのか。著者たちは、ネットメディアを使うと、結果として右から左までさまざまな意見を読むようになる(クロス接触率が上がる)からではないかと述べている。自分と正反対の主張を目にして、批判するつもりで読んだら予想外に説得力があったというのは、誰でも経験したことがあるだろう。こんなことが起きるのは、ネットではリンクをたどって多様な言論にアクセスすることが可能だからだ。

 一方、選択肢が少なく、かつコストの高いオールドメディアではクロス接触は起こりにくい。朝日新聞/産経新聞の読者は、多様な言論に触れるためにわざわざ購読料を払って両方の紙面を比較しようとは思わないだろう。

 こうしたデータを積み上げながら、著者たちは「ネットの特性として声高な人の主張が非常に目立ち、一部の現象が全体の現象であるかのように大きく見えてくる」ことがネット分断原因説の背景にあり、その錯覚を修正すれば「ネット草創期の人々の期待はまだ死んでいない」と結論している。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。