平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年3月末まで

>>第1回から読む

 少々お待ちください、という返事とともに、保留メロディの「カノン」が二回りするほど待たされた半沢の耳に、「電話、代わりました」、とせっかちな早口で平山が出る。

「今朝方は失礼しました」

 半沢は詫び、用件を切り出した。「ところで社長、アドバイザー契約の件なんですが、東京中央銀行と締結されるそうですね」

「よくご存知で」

 ひと呼吸おいて、平山はいった。「それがどうかしましたか」

「なんで銀行が、御社の買収事案を知ったのかと思いまして。社長がお話しされたんですか」

「ウチがどこと契約しようと、そんなこと関係ないじゃないですか」平山ははぐらかした。

「銀行から圧力がかかったということはありませんか」

 返事があるまで、しばしの間が挟まる。

「誰がそんなことをいっているんです」

「小耳に挟みました。どうなんです」

 半沢がきくと、「どっちでもいいじゃないですか」、と突慳貪な返事があった。

「それはたしかに、銀行さんから声がかかりましたよ。でもね、お宅の対応が遅かったのは事実でしょう」

「対応の遅れで契約を破棄されるのと、銀行からの横槍でそうされるのとでは、意味がまるで違います」
 半沢はいった。「本当のところを教えていただけませんか、社長」

「いまさらきいてどうするんです」

 平山は苛立ちの混じった口調でいった。「お宅との契約はもう破棄したんだ。理由がどうあれ、私どものアドバイザーとして御社は失格ですよ。それだけのことだ。忙しいのでこれで失礼する」

 電話は一方的に切れた。