平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

 半沢は、チームの面々を見回した。「ウチからじゃないかと思う。心当たりのある者はいないか」

 返事はなかった。戸惑いの広がる室内に、

「ひでえな」

 森山の投げやりなひと言が洩れきこえた。「もし、ウチで情報をリークするとしたら、東京中央銀行と結び付きのある人間としか考えられないじゃないですか」

 東京セントラル証券には銀行から出向者が大勢いたが、電脳雑伎集団の買収案件について知っている者は営業企画部の部員に限られる。つまり、関係者の誰かだ。

「横取りするのもするほうですよ。いったい銀行は、ウチのことどう思ってるんですか」

 森山は暗澹とした瞳を半沢に向けてきた。「子会社でしょう、ウチは。その子会社がせっかく掴んだ契約を、親会社がそんな強引なやり方でかっさらうなんて、おかしいじゃないですか。しかも、なんの仁義も切ってない」

 アドバイザーチームの何人かが、同意して大きくうなずいている。リーダーの三木だけが飛び抜けて年長だが、あとは森山と年次の近い若手たちだ。森山の発言は、彼らの気持ちを代弁していた。
「お前のいいたいことはわかる」

 半沢はいった。

「本当に、部長にわかるんですか」

 森山は泣き笑いの表情を浮かべた。「銀行にいいようにやられて、文句のひとつもいえない。このままじゃオレたちバカみたいじゃないですか」

「いや、この借りは必ず返す」

 半沢はいった。「──やられたら、倍返しだ」