平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

 横山の頬に朱がさすのがわかったが、構わず半沢は続けた。「トップの言いなりになってほいほい辞令を乱発する、そんな人事部にどんな意味があるっていうんです。それが正しい人事の姿か、頭を冷やして考えてみたらどうです?」

「まったくお前という奴は」

 横山は不機嫌にいった。「いつまでもそんなふうに突っ張っていられるといいがな。銀行にだって、堪忍袋ってものがあるんだぞ」

「そんなものとっくに切れてますよ。だからここにいる」

 半沢はいい、話を先を促した。「それで、他の人事というのは?」

「そのことなんだが」

 舌打ちした横山は、それ以上の小言を呑み込んで話を続けた。「三木の異動について打診がきている」
「それもまた早過ぎませんか」

 三木もまだ証券に出向して一年半ほどしか経っていないはずだ。尋ねた半沢に、横山は顔を斜めに傾け、釈然としない表情になった。

「だが、今回は本人のためにもなると思うんで受けてやりたい。銀行の証券営業部から欲しいといってきてる」

「証券営業部から?」

 腑に落ちない。半沢はきいた。「なんでまた三木を」

「わからないが、ご指名だ。誰か、三木のことを知ってる奴がいて引っ張ってるかも知れない」
「わざわざ引っ張るほどの実力とも思えませんが」

 思わず本音を口にした半沢に、「そんなことは知ったこっちゃない」、と横山は突っぱねた。

「受けるのか断るのか、どっちなんだ」

「辞令はいつなんです」半沢はきいた。

「急で申し訳ないが、受けるのなら来週早々には出る」

「わかりました、いいでしょう。で、後任の着任はいつ?」

「そのことなんだが」

 横山はいいにくそうに身じろぎし、渋面を作ってみせた。「ウチとしても人件費削減が急務だ。申し訳ないが、後任はない。残った人員で、うまくやりくりしてもらいたい」

 半沢は憂鬱な表情でため息を吐くしかなかった。