平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

「三木さんの得意満面の顔、見たか。吐き気がするぜ」

 尾西は容赦無い。「自分の実力だと思ってるんだぜ、あのオッサン」

 カプチーノをひと口飲んだ森山はふと考え込み、ひとり言のようにつぶやいた。「三木さんの栄転、実力じゃなければなんなのかな」

「どういうこった?」

 尾西が低い声を出した。

「ヘンじゃないですか。三木さんがどう自己分析しているかは知りませんけど、誰がどう見たって、三木さんの実力は大したことはないですよ。あの歳で銀行の証券本部に戻れるような実績もないし、スキルもないわけで。あのひとなにかあるんですかね」

「なにかとは?」尾西はきいた。

「コネとか、そういうのですよ」

「あるもんか」

 尾西は顔の前で手をひらひらさせた。「そんなもんがあるんなら、最初からウチになんか出向してくるかよ。今回は、諸田次長あたりが銀行に働きかけたんじゃねえの? あんまり遅らせておくと周回遅れになっちまうぞってさ」

 遅れている、とは三木の出世だ。悪意のこもった尾西の冗談に、森山は付き合い程度の笑いを浮かべたが納得したわけではない。

 そんなはずはない、と森山は思っていた。

 諸田はそんな甘い男ではない。

 三木の人事は、どう考えても森山には腑に落ちなかった。