Photo:iStock

発売1カ月で5万部を突破した入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。800ページを超える本書の読み方は読者に委ねられている。もちろん初めから読み進めても良いが、著者が推奨するのは、読者自信が興味のある箇所から読み進めていくスタイルである。約30の経営理論を網羅する本書は、どこから読んでも良いように作られている。いわば辞書のような利用こそが、本書を最大活用する方法のひとつだ。

今回は、経営戦略を理解する上で欠かせない「SCP理論」を解説する。SCP理論とはどのような構成で、何を語っているのだろうか。マイケル・ポーターの戦略フレームワークの理解にもつながるSCP理論の本質とは。

SCP理論とポーターの戦略フレームワーク

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。 三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。
Photo by Aiko Suzuki

 本稿では、SCP理論を解説する。SCPとは “structure-conduct-performance”(構造-遂行-業績)の略称だ。同理論はその源流が経済学の産業組織論(industrial organization)にあることから “IO Theory” とも呼ばれるが、本書ではSCPの呼称を使う(※1)

 1970~80年代に、経済学で発展したSCPを「経営学のSCP」へと昇華させたのが、ハーバード大学のマイケル・ポーターである。SCPの名は知らなくても、彼の代表作である『競争の戦略』を読んだことのある方はいるはずだ。SCPは「ポーターの競争戦略」の基礎になっている。MBAの経営戦略の教科書でポーターの競争戦略が紹介されないことはありえない。例えば米国のMBAプログラムで使う定番の教科書、ロバート・グラントのContemporary Strategy Analysisでは全17章のうち4章分が、ポーターのフレームワークに費やされている(過去記事「『高値づかみの買収』を断行する経営者の特徴」の図表1を参照)。

 しかし、以前「ビジネス書で読む『理論』によくある誤解」で述べたように、MBAの教科書で主に紹介されるのは「理論から落とし込まれたフレームワーク」だ。SCPそのものを解説した教科書は、筆者の知る限り存在しない。本稿では、理論の方を根本から解説する。

(序章図表1)拡大画像表示