平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年3月末まで

>>第1回から読む

 記者会見を終え、社長室に戻った瀬名洋介は、疲れ切って応接セットの肘掛け椅子に体を沈めた。

「社長、大丈夫ですか」

 広報担当が心配して声をかける。

「大丈夫だ」

 渋谷の桜丘町のビルに入居している東京スパイラルの社長室だった。

 電脳雑伎集団が一方的に発表した買収会見を受け、急遽記者会見を開いたのは午後七時過ぎ。その席に、瀬名はたったひとりで出た。

 本来であれば、同席するはずの財務担当役員も戦略担当役員もいない。

 いま瀬名を深く疲労させているのは、時間外取引という非常手段で三割近い株を買い占められたことに対する理不尽さというより、むしろ、この事態に孤軍奮闘せざるを得ない状況だった。

「くそったれ」

 ズボンのポケットからケータイを取り出し、清田正伸の番号を呼び出した瀬名は、通話ボタンを押して待った。

 コールが始まり、やがて留守電に切り替わったところで切る。

「ちきしょう」

 電脳の会見から、財務担当役員だった清田に電話をしたのは、これで何度目だろうか。

 三分の一弱にも上る大量株を売るとしたら、清田と、そしてもうひとり、戦略担当役員の加納一成のふたりしか考えられない。

 極端な拡大路線を主張した清田と加納とは経営方針を巡って激しく対立し、先月袂を分かったばかりであった。