平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

「どうもどうも」といつものごとく調子よく現れた二村久志は、「大変でしたねえ、社長」、というと勧めもしないのに向かいの椅子にかけた。

 太洋証券との付き合いは、一年ほど前に遡る。上場時に主幹事だったさくら証券と資本戦略で揉めているタイミングで、当時財務担当役員だった清田が連れてきたのがこの二村だった。

「まったく、寝耳に水の話でさ。平山の野郎、首絞めてやろうか」

 瀬名らしい過激な発言に、「それじゃあ犯罪になりますから、もう少し合法的にいきましょう」、と二村は合わせるのがうまい。

「それで社長、この買収に対する対抗策はどうされるおつもりです」

「さっき宣戦布告されたばっかじゃん。そんなもんねえよ」

 瀬名はいった。

「だったらどうでしょう。ウチをアドバイザーにしていただけませんか」

 二村は上目遣いになった。

「それは提案次第だな。公開買い付けの対抗策として、どんなものが講じられるのか、提案してくれ」
「ありがとうございます」

 二村は深々と頭を下げた。「すぐにウチのものに提案書を書かせますので」

「じゃあ、明日までに持ってきてくれ」

「明日まで、ですか」

 二村は驚いて目をパチクリさせた。

「なにか問題ある?」

 不機嫌にいうと、二村はたちまち恐縮し、「かしこまりました。ではさっそく社に戻って検討いたしますので」、と早々に席を立っていく。

「軽い奴」

 嘆息した瀬名は、「なにか買収対抗策はあるか」、と望月にきいたが、返ってきたのは当惑の表情だけだ。

「お前さあ、電脳がウチを買収しようとしてるって、知ってるよな。それ、どう思うよ。オレが買収されるのに賛成だとでも思ってるのか」

「いえ、そういうわけでは」

「だったら、財務担当役員としてやらなきゃいけないことはなんだよ!」

 瀬名は声を荒らげ、目の前で震え上がっている望月を睨み付けた。

「どうすれば電脳の買収策に対抗できるのか、なにはさておきそれを考えるのがお前の仕事だろうが。この何時間か、お前なにやってたんだ」

「申し訳ありません」

 反論の代わりに詫びた望月の顔面は蒼白だ。

 くだらねえ奴。

 瀬名は苛立ち、舌を鳴らした。