[21日 ロイター] - 米動画配信サービス大手ネットフリックス<NFLX.O>が21日発表した第4・四半期の世界全体の有料契約者数は876万人増加し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の763万人を上回った。

ただ、米国の有料契約者数の伸びは、予想を下回った。同社株は引け後の取引で値動きの荒い展開となるなか、1.5%上昇した。

第4・四半期は、英女王エリザベス2世の半生を描いた「ザ・クラウン」の新シリーズなどが追い風になった。

一方、ウォルト・ディズニー<DIS.N>やアップル<AAPL.O>なども動画配信に参入し、競争は激化している。米国では、昨年11月に月額7ドルの「ディズニー+」や同5ドルの「アップルTV+」が始まり、他国でのサービスも予定されている。

今年第1・四半期の世界全体の契約者数は700万人増を見込む。アナリスト予想平均は882万人増。

第4四半期の純利益は5億8700万ドル(1株当たり1.30ドル)と、前年同期の1億3400万ドル(同0.30ドル)から増加。売上高も55億ドルと前年同期の42億ドルから増えた。アナリスト予想は54億5000万ドル。

第4・四半期に有料契約者数は、アジア・太平洋地域で175万人増え、中南米でも204万人増加した。

これまでネットフリックスが配信していた人気テレビ番組「フレンズ」が、今後はHBOマックスで配信されるなど、コンテンツを巡る競争は激化している。そのためネットフリックスは、オリジナルのテレビシリーズや映画の配信に向けて多くの資金を投じている。

インベスティング・ドット・コムのアナリスト、ハリス・アンワール氏は「ネットフリックスの多額のコンテンツとマーケティング予算は、契約者数の急拡大でのみで正当化される。それが達成できなければ、同社株は現実を反映した価格になるだろう」と指摘した。

*内容と写真を追加しました。