[21日 ロイター] - 英携帯電話サービス大手ボーダフォン・グループ<VOD.L>は、米フェイスブック<FB.O>が主導して導入を目指す仮想通貨(暗号資産)「リブラ」の運営体、リブラ協会を脱退した。同協会が21日明らかにした。

フェイスブックは昨年6月、他のメンバー企業と提携してリブラを立ち上げる計画を発表したが、直後から世界中の規制当局が懐疑的な見解を表明。規制当局の厳しい審査に直面する中で、既に決済サービスのペイパル・ホールディングス<PYPL.O>やクレジットカード大手・マスターカード<MA.N>などが協会から脱退している。

リブラ協会の政策・コミュニケーションの責任者、ダンテ・ディスパルテ氏は「協会の構成メンバーは時とともに変わるかもしれないが、リブラの企業統治と技術の構想は、リブラの決済システムの堅固さを保証する」と述べた。

ボーダフォンの広報担当者は「当社は引き続き、リブラ協会の動きを注視する。将来的に協力する可能性を排除しない」と述べた。