フランクルとの証券取引所前に設置された雄牛の像
1月17日、欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。写真はフランクルとの証券取引所前に設置された雄牛の像。2019年2月撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ロンドン 17日 ロイター] - 欧州企業は昨年第4・四半期、それまで9カ月続いてきた減益基調をようやく反転させた公算が大きい。IBESリフィニティブがまとめた第4・四半期のSTOXX欧州600指数銘柄の予想利益は2.5%の増加となった。ただし株価が跳ね上がり、今年の利益見通しは既に高水準となっているため、決算発表を受けて投資家が失望する事態も起こりやすい。

 欧州株は昨年を通じて24%上がった。英国の欧州連合(EU)離脱や米中貿易摩擦といった幾つかの政治的混乱が、経済活動を抑制した半面、金融政策を超緩和的に、資金調達コストの記録的な低さにとどめる役割も果たした。

 それでも株価が相当上昇したため、第4・四半期の業績がせっかく上向いても、もはや織り込み済みであり、値上がり余地は乏しいのではないか、と投資家は考えている。

 17日のSTOXX欧州600指数<.STOXX>は、過去最高値を更新。欧州株の株価収益率(PER)は足元で約15倍と、長期平均よりもはるかに高い。PERが18倍に達している米国株に比べれば相対的に割安とはいえ、あまたのストラテジストが懸念するのは、今年の欧州企業の増益率のコンセンサス予想が現在8.8%とあまりにも楽観に傾いていて、最終的に下振れしてしまう展開だ。