平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

 かつて、東京スパイラルが成長の兆しを見せていたとき、とあるIT企業が近寄ってきたことがあった。

 カネのない頃である。

 耳に心地よい言葉を並べて三人に取り入り、数千万円の出資をしようと申し出たその会社の意図は、将来有望な東京スパイラルを傘下におさめることであった。

 出資後、瀬名らに代わる代表者が選ばれる計画が進んでいるときいたのは、その会社と近しい別の経営者からだ。つまりは体のいい乗っ取りである。

 そのとき抱いた激しい怒りを、瀬名はまだ忘れられないでいた。

 同じ怒りを清田も加納も抱いたはずなのに、いまその会社と同じことをしようといっている。

 断じて容認できる話ではない。

「真面目にいってるのかって?」

 加納は吐き捨てるようにいった。「当たり前じゃないか。清田にせよ、オレにせよ、いまの状況のままではマズイと思ってるんだ。なにもしなかったら、この危機を乗り越えることはできない。そのために、オレたちにできることはないかと知恵を絞ってきたんじゃないか。それを、言下に否定する社長は、代案があるのか」

「代案だって? お前、なにきいてんだよ」

 瀬名は、冷ややかにいった。「オレの主張は首尾一貫している。専門知識のないところにはカネを突っ込まない。本業のウェブの拡充を目指す。それだけだ」

「じゃあ、どんな拡充をするつもりなんだ」

 そのとき加納は迫った。「そこが問題だと思うんだ。社長がそこをきちんと示してくれたら、オレたちはついていくよ。どうなんだ」

「ポータルサイトの機能をさらに充実させて、検索機能とスピードをいまより──」

「それでユーザーが増えるのか」