平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

「マサが証券会社?」

 おもしろくて、愉快で、空想好きで──。たしかに、物事をズバズバいう性格ではあったが、そのマサが、証券会社を選んだのは意外だった。正義感の強いマサと、切った張ったの金融の世界がリンクしない気がしたのだ。

「そうなんだ。オレも似合わないと思ってるんだけど」

 森山はちょっと照れくさそうにいい、「忙しいところごめんな、突然電話して」と気を遣う。「実はもっと早く、お祝いをいいたかったんだけど、オレのことなんか忘れちまってるだろうと思ってさ」

「そういうヘンなところで内気なのは、昔のまんまだ」

「そうかも」

 電話の向こうで森山は、笑い声を立てた。昔と変わらない笑い方だ。「とにかく、電話つながってよかったよ。ずっと連絡しようと思ってたから、これでなんかすっとした」

「よく電話してくれたな、マサ。ありがとうな」

 こたえた瀬名は、「もしよかったら、今度どっかで飯でも食わないか」と誘ってみる。

 返事があるまで、少しの間が挟まった。

「ありがとう。行きたいんだけど、オレ、ヨースケがいつも行くような高級な店には行ったことなくてさ」

 森山の不安を瀬名は笑い飛ばした。

「オレが行くのは居酒屋ばっかだぜ」

「それなら、オレの給料でも大丈夫だな」

 森山は、ほっとした口調になった。

「いつならいいんだ」

 瀬名がきくと、

「ヨースケのほうが忙しいんだから、合わせるよ」

 という返事があった。

 二、三日候補を挙げ、日を決める。

「久しぶりに会ってわかるかな」

 瀬名の懸念を、森山は笑い飛ばした。「オレのことはわからないかもな。だけど瀬名洋介の顔なら、誰だって知ってる」

「楽しみだな」

 殺伐とした状況の中で、このときだけ瀬名はどこかほのぼのとした気持ちになって、森山との電話を終えた。