平成の民放テレビドラマ視聴率史上第1位を記録したドラマ「半沢直樹」。「倍返しだ!」で日本中を熱狂させたその続編が、ついに2020年4月スタートのTBS日曜劇場で放映される。

続編ドラマの原作となるのは、池井戸潤氏の『ロスジェネの逆襲』と『銀翼のイカロス』の2作品。そこで「半沢直樹イヤー」の幕開けを記念して、「週刊ダイヤモンド」での連載後、2012年に単行本が発売された小説『ロスジェネの逆襲』の3章までを全38回の連載形式で期間限定公開する。*2020年6月末まで

>>第1回から読む

「正直、微妙かな。こういう場合、マサだったらどうする?」

 森山は箸を持った手を止めた。

「それは難問だな」

「お前の率直な意見をきかせてほしいんだ」

 瀬名は真剣な顔だ。

「そんな簡単に防衛策なんか出てこないよ」

 少し困って、森山はこたえた。「個別の事情もあるのに思い付きをいったところでなんの意味もないし、かえって混乱するんじゃないの」

「まあ、そうかな」

 そうこたえた瀬名の表情に落胆の色が浮かんだ。もし、いまここで即答できるほどの実力が自分にあったなら、ヨースケの力になってやれるのに。

 だが、実際の森山は、東京スパイラルについて一般投資家程度の情報しか持ち合わせておらず、さらに敵対的買収の防衛策についても大した知識があるわけでもない。

「太洋証券はなんて?」

 自己嫌悪を振り払うかのように、森山は問うた。だが、さすがの瀬名もすぐにはこたえず、躊躇うような間を挟む。

 それもそのはず、森山がうっかり問うたことは、東京スパイラルにとって対外厳秘の戦略情報に他ならない。

 問いを発してしまってからそれに気付いた森山だったが、質問を撤回しようと口を開きかけたところで言葉を呑み込んだ。

「ホワイトナイトを連れてくるといってる」

 瀬名の口から、そんな言葉が飛び出したからだった。「新株を発行して安全な第三者に引き受けてもらうというスキームだ」

「引受先は、決まってるのか」

 森山は思わずきいた。

「──フォックス」

 瀬名の口から社名が出たとたん、森山は息を呑んだ。瀬名は続ける。

「電脳がいくら買い増したところで過半数に届かないように、新株を発行してそれをフォックスに引き受けてもらうことで話が進んでいる」