mplusplus代表取締役社長の藤本実氏 Photo by Hiroki Mori
mplusplus代表取締役社長兼CEOの藤本実氏 Photo by Hiroki Mori

ダンサーがLEDのウェアラブルスーツをまとった「SAMURIZE from EXILE TRIBE」や、大型ビジョンのように制御可能な映像が光りはためくフラッグ「LED VISION FLAG」など、光とダンスを重ね合わせたプロジェクトを数多く手がけるクリエイティブカンパニー・mplusplus。音楽やアートなど、さまざまな業界に活動の幅を広げている。自らもダンサーとしての経験を重ねながら、「ダンス×テクノロジー」の領域で研究を続け、工学博士まで取得するという異色の経歴を持つ代表取締役社長兼CEO・藤本実氏に、起業のきっかけ、そして製品開発の舞台裏を聞いた。(ライター 長谷川きなみ)

YouTubeで発表した作品にEXILEからのオファー

 2012年に神戸大学大学院で博士(工学)を取得後、東京工科大学での教員経験を経てmplusplusを設立した藤本氏。

 大学・大学院では「ダンス×テクノロジーの融合」をテーマに研究を続け、卒業後も教鞭を執りながら日々作品づくりに励んでいた。あるとき、2010年にオーストリアの芸術祭「アルスエレクトロニカ」で披露した、ダンサーの動きと同期して光るLED付きの服「Lighting Choreographer(ライティング・コレオグラファー)」をYouTubeにアップしていた藤本氏のもとに、思いもよらぬ人からの相談が飛び込んできた。

 当時EXILEのパフォーマーとして活躍していた(現・LDH JAPAN会長)HIRO氏から、パフォーマーとして勇退する2013年のツアーの演出を手伝ってもらえないかというオファーがあったのだ。前述のLEDダンサーチーム「SAMURIZE from EXILE TRIBE」はここで生まれた(以下動画は「SAMURIZE from EXILE TRIBE」の楽曲「Killer Instinct」のミュージックビデオ)。