ヘッドフォン型端末「オキュラス・クエスト」
未来の従業員研修では、新たな同僚たちの前での気まずいロールプレイングもなければ、退屈なウェブ教材を1時間もかけてクリックし続ける必要もなくなる。写真はヘッドフォン型端末「オキュラス・クエスト」。フェイスブックが22日に写真提供(2020年 ロイター)

[ニューヨーク 22日 ロイター] - 未来の従業員研修では、新たな同僚たちの前での気まずいロールプレイングもなければ、退屈なウェブ教材を1時間もかけてクリックし続ける必要もなくなる。

 次世代の職場学習を味わうには、まず、バーチャルリアリティ(仮想現実、VR)用のゴーグルを装着してみよう。10分もすれば、研修内容が脳裏に焼き付いているだろう。

 これは魔法ではないし、厳密には科学でもない。だが、ウォルマートからフィデリティ・インベストメンツ、アクセンチュアに至る広範囲の企業にとって、このシステムは十分にうまく機能している。

「パイロットたちが50年にわたってやってきた訓練だ。飛行機を飛ばすことなく、飛行機を飛ばしている」と語るのは、VRベースの没入型訓練を提供するメンローパーク(カリフォルニア州)の企業ストライバーの創業者、デレク・ベルチ最高経営責任者(CEO)だ。

「どのような従業員にも、こうしたVR研修を行うことができる」

行動による学習

 ウォルマートの例を見よう。2年前から導入されているVR研修では、視野360度にわたるVR映像経験により、従業員はさまざまな視点から状況を目にすることができる。