Photo:iStock

発売1カ月で5万部を突破した入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。800ページを超える本書の読み方は読者に委ねられている。もちろん初めから読み進めても良いが、著者が推奨するのは、読者自信が興味のある箇所から読み進めていくスタイルである。約30の経営理論を網羅する本書は、どこから読んでも良いように作られている。いわば辞書のような利用こそが、本書を最大活用する方法のひとつだ。

今回は企業のリソースに着眼するリソース・ベースト・ビュー(RBV)を解説する。これまで解説してきたSPC (Structure-Conduct-Performance理論は、企業のアウトプットに関する理論だったが、RBVは企業が持つ資源に関する理論だ。まずはRBVに関する理論の歴史から紐解き、アップルのデザイン力という事例に当てはめて考察する。

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。 三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。
Photo by Aiko Suzuki

企業のリソースに着眼する「リソース・ベースト・ビュー」

 本章では、前回までに解説したSCP(Structure-Conduct-Performance理論と並んでビジネススクールの授業で必ず紹介される、リソース・ベースト・ビュー(resource based view:以下RBV)を解説する。

 SCP同様、この理論もビジネススクールでは、その表層だけが語られることがほとんどだ。そこで今回は、経営理論としてのRBVを成立過程からひも解き、実務への応用可能性までを議論する。なおRBVは日本語で「資源ベース理論」などと訳すこともあるが、海外では「RBV」の略称を使うことが多いので、本書もこれを採用する。

 SCP同様に、RBVももともとは経済学ディシプリンの理論だ。図表1を見ていただきたい。これは経済学で生産関数と呼ばれるもので、企業の製品・サービス(以下アウトプット)と経営資源(以下リソース)の関係を示している。企業は常に何らかのリソースを投入し、そこからアウトプットを生み出す。SCPはアウトプット側の構造・戦略を分析するから、図表1の縦軸に焦点を当てている。逆に、横軸に着目するのがRBVだ。

(図表1)拡大画像表示