Photo:iStock

発売1カ月で5万部を突破した入山章栄氏の最新刊『世界標準の経営理論』。800ページを超える本書の読み方は読者に委ねられている。もちろん初めから読み進めても良いが、著者が推奨するのは、読者自信が興味のある箇所から読み進めていくスタイルである。約30の経営理論を網羅する本書は、どこから読んでも良いように作られている。いわば辞書のような利用こそが、本書を最大活用する方法のひとつだ。

今回は企業のリソースに着眼するリソース・ベースト・ビュー(RBV)を解説する。これまで解説してきたSCP (Structure-Conduct-Performance)理論は、企業のアウトプットに関する理論だったが、RBVは企業が持つ資源に関する理論だ。前回までは、RBVの理論の歴史を解説した。今回は、RBVの課題を明示するとともに、経営学者の頂点に立ったジェイ・バーニーと、ビジネスへの貢献に邁進するマイケル・ポーターの立ち位置も含めて紹介する。

入山章栄(いりやま・あきえ)
早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)教授
慶応義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。 三菱総合研究所で主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクールアシスタントプロフェッサー。 2013年より早稲田大学大学院経営管理研究科(ビジネススクール)准教授。2019年から現職。Strategic Management Journal, Journal of International Business Studiesなど国際的な主要経営学術誌に論文を発表している。 著書に『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学』(日経BP社)がある。
Photo by Aiko Suzuki

世界で最も有名な経営論文の一つ、バーニーの論文の骨子

 前回は、RBVの歴史から紐解き、アップルのデザイン力にRBVを当てはめて解説した。この流れのなかで、いよいよバーニーが1991年に“Firm Resources and Sustained Competitive Advantage”というタイトルの論文を発表した。余談だが、序章コラム2でも述べたように、この論文が発表されたJOMは間違いなく優れた学術誌なのだが、本書で度々出てくる経営理論のナンバーワン学術誌『アカデミー・オブ・マネジメント・レビュー』や、戦略論のSMJなどと比べると、やや格下と見なされる学術誌なのだ。そこに、後に世界中の経営学者がこぞって引用することになる論文が掲載された、というのも興味深い。

 このバーニーの1991年論文は世界で最も有名な経営学論文の一つなので、やや詳しく解説しよう。

 同論文は、第1章で取り上げたベインやポーターらのSCPの有用性は認めながらも、それだけでは企業の競争力を説明するには不十分と主張する。なぜなら、製品市場・サービス市場の不完全性にのみ注目したSCPは、企業リソースについて十分な注意を払っていないからだ。

 バーニーがこの論文でまず提示した前提は、(1)企業リソースの異質性(resource heterogeneity)と、(2)企業リソースの不完全移動性(resource immobility)だ。前者は、企業はそれぞれ異なるリソースを持ちうる、ということである。例えば、A社とB社がそれぞれ違った能力の人材を持ちうる、異なる技術を持ちうる、などだ。そして後者の前提は、そういったリソースは企業の間で完全には移動しえない、ということだ。これらの前提が、先のワーナーフェルトの1984年論文や、バーニー自身の1986年論文を背景にしていることは明らかだろう。