[ソウル 14日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は14日、李相勲(イ・サンフン)取締役会議長が辞任を申し出たと発表した。理由は明らかにしなかった。同氏は労働組合の活動を妨害した罪で昨年12月に実刑判決を受けた。

発表によると、取締役会は近く新議長を指名する見通し。