[ブリュッセル 17日 ロイター] - 欧州連合(EU)のブルトン欧州委員(域内市場担当)は17日、米フェイスブック<FB.O>がEUの基準に適合すべきであり、その逆ではないとの見解を示し、同社が提案したインターネット規制を不十分だと批判した。

同委員は、フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)と短時間会談した後、記者団に「われわれがこの会社に適合するのではなく、この会社がわれわれに適合しなくてはならない」と語った。

また、同委員は、オンラインプラットフォームを規制し、その責任を明確化するデジタルサービス法の一環として厳しい規則を導入するかどうかについて、年末までに決定すると述べた。

フェイスブックは同日発表したリポートで、当局が規制を押し付けるのではなく、より緩い規制に基づいて企業が定期的にコンテンツについて報告したり、法執行に関するデータを開示するようにすべきだと提案した。

これに対してブルトン委員は「これでは不十分だ」と一蹴し、フェイスブックのリポートは同社の市場における支配力に言及しておらず、その責任についても明確化していないと付け加えた。

EUはフェイスブックやグーグル<GOOGL.O>、アマゾン<AMZN.O>などデータ市場を支配する米巨大情報・技術(IT)企業に対抗するため、データの単一市場を創出する意向だ。ロイターが1月末に閲覧した欧州委員会の提案書で明らかになった。

提案には大規模なオンラインプラットフォームを制限する措置が盛り込まれており、2月19日に説明会が行われる予定。[nL4N29Y58O]人口知能(AI)の利用に関する規則も発表される見通し。