米大統領候補選び
2月11日、党員集会・予備選への参加促進と透明性の向上を狙って民主党が導入した改革により、今回の指名プロセスはこれまでとはかなり異なったものになるだろう。写真は2月11日、米ニューハンプシャー州ディクビル・ノッチで撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[11日 ロイター] - 民主党が2020年大統領選挙に向けた候補者を正式に指名するのは7月の全国党大会である。アイオワ州党員集会に始まり、続いて11日のニューハンプシャー州、最後は6月のプエルトリコでの予備選挙に至るプロセスだ。

 候補者たちの目標は、州ごとに決まる代議員を1991人集めることだ。ミルウォーキーで開催される全国党大会での初回投票で指名を確保するために必要な数である。代議員を獲得するには、州全体、あるいは個々の下院選挙区の投票数の少なくとも15%を集めなければならない。

 だが、党員集会・予備選への参加促進と透明性の向上を狙って民主党が導入した改革により、今回の指名プロセスはこれまでとはかなり異なったものになるだろう。

 以下でそうした変化のいくつかを説明する。

党員集会の数は減少

 2020年、民主党が開催を予定している党員集会は、アイオワ、ネバダ、ノースダコタ、ワイオミングの4州である。18の州・準州で開催された2016年の選挙戦に比べると大幅な減少だ。