武漢の病院で新型ウイルスに感染した患者を移動させる医療従事者
2月12日、新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。写真は10日、武漢の病院で新型ウイルスに感染した患者を移動させる医療従事者。提供写真(2020年 ロイター/China Daily)

[12日 ロイター] - 新型コロナウイルスの感染拡大が、中国で活発化していた新薬臨床試験の妨げになり始めた。中国が持つさまざまな潜在力を利用しようと、これまで数十億ドルを投資してきた世界的な大手製薬会社にも、誤算が生じかねない事態だ。

 中国ではこれまでに新型コロナウイルスの感染者が4万4000人を超え、死者も1100人を上回った。

 米国の臨床試験データベースに登録されている臨床試験の500件近くは、今回の感染源となった武漢市にある研究施設1カ所で行われていた。グローバルデータ社によると、世界全体の臨床試験のうち中国で行われている割合は5年前がおよそ10%だったが、今や20%前後まで高まっている。

 中国政府は現在、武漢市を事実上封鎖し、湖北省全域や他の一部都市での移動も厳しく制限している。

 昨年12月に感染が確認された今回の新型コロナウイルスが、製薬業界の臨床試験に及ぼす影響を完全に把握するにはまだ早過ぎる。しかし、今の状況がもっと長く続くようなら、業界が掲げてきた中国戦略は齟齬(そご)を来す公算が大きい。