その結果、仕事の時間を減らす一方で、副収入である家賃収入を増やすことに成功し、その収入と創出した時間をもって自分のスキルアップに努めた結果、かえって労働収入もアップするという好循環を実現することができたのです。

 そうして今では、ファイナンシャル教育を全国に展開する日本ファイナンシャルアカデミーの「不動産投資の学校」の専任講師として教壇に立つかたわら、20 世帯を超える賃貸物件のオーナーとして年間2000 万円の家賃収入を得ています。

 かつてのサラリーマン時代の1/2以下の労働時間で、2倍以上の収入を得られるようになりました。

 さらに生み出された時間を使って、家族と旅行に出かけたり、自分の趣味や読書に費やす時間も確保することが出来るようになりました。

「家賃収入」を作れば、誰でも自由な時間を持てる

「家賃収入」とは、「自分の労働時間とは無関係に、毎月、一定の収入を得続けられるシステム」です。この「家賃収入」には、「才能」や「生まれついてのIQの高さ」「学歴」「運動能力の高さ」「外見・容姿」などは、まったく関係ありません。

 それよりも、あなたが学校を卒業してからどれだけ学んだかが重要となるのです。なぜなら、学校で教わることでサラリーマンとして働くことは出来ますが、家賃収入を得る方法について学校では何も教えてくれないからです。「家賃収入」とは、ある決まった法則に基づいて淡々と実行すれば、誰でも獲得することが出来る定期収入に過ぎません。

 ただそれについて、学びさえすればいいのです。