第1章では、不動産投資のメリットについて説明しています。なぜ家賃収入が本業をサポートする安定収入になり得るかについて、解説しています。

 第2章では、不動産投資に取り組む際に気を付けなければならないリスクについて、8つ説明しています。

 第3章では、不動産の善し悪しを見分ける「目利き力」を身に付けるために重要な、利回り指標の計算方法について解説しています。

 第4章では、物件探しのキーポイントとなる「物件検索、現地調査」について説明します。不動産投資の成否は、この物件探しにかかっていると言っても過言ではありません。

 第5章では、見つけ出した物件を自分の物とするための「買付申込」と「融資申込」について解説しています。

 第6章では、物件を購入する際の契約手続について説明します。契約書の文面一つによって、物件の価格が上げ下げすることがあるため、慎重を要するポイントです。

 第7章では、物件を購入した後に、リフォームによってバリューアップする方法を解説します。不動産投資は購入後にも自由に手直しすることが出来る特徴をもっており、これによって毎月の家賃収入をアップさせることが可能です。

 最後に、第8章では日々の物件管理について説明します。物件管理に「システム」「仕組み」の概念を持ち込むことによって、ほとんど何もしなくても、毎月一定の家賃収入を手にすることが可能になります。

 ぜひあなたも、私が実際に行ってきた本書のノウハウを使い、「家賃収入」をゲットし、その収入によって自分のやりたいことのために貴重な時間を使うようにしてください。

 本書が、あなたとあなたの家族の幸せのための一助となりましたら幸いです。

不動産投資の学校 講師 束田光陽