日銀本店
2月21日、日米欧の中央銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済にどのような影響が出るか情報の分析を急いでいる。写真は都内にある日銀本店で2015年5月撮影(2020年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン/リヤド/フランクフルト 21日 ロイター] - 日米欧の中央銀行は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、経済にどのような影響が出るか情報の分析を急いでいる。

 中銀は、中国経済に正常化の兆しがないか、石炭の消費量や交通量を注視。感染が早期に終息するかどうか、中国国外の感染者数に目を光らせている。

 日本の当局は、銀座の買い物客の動向や航空便・クルーズ船のキャンセル状況を調査し、国内経済の行方を分析。

 米国では、連邦準備理事会(FRB)がサプライチェーンの弱点を突かれた起業家や国内企業から話を聞いている。

 リッチモンド連銀のバーキン総裁は19日のインタビューで「(企業の)知らないところで、中国がサプライチェーンに密接に関与しているケースがある」と指摘。ある医療機器メーカーから「サプライヤーのサプライヤーが一部で中国に関係している」という話を聞いたことを明かした。

影響は一時的か、世界的な景気後退か

 ウイルスの感染状況は日々変化し、予測がつかない。このため、ウイルス感染に関する経済モデルを構築する絶対確実な方法があるわけではない。