Photo:PIXTA

若者を中心に、他人に人生やキャリアを“相談”するサービスが流行している。中でも、転職の相談ができるサービス「ゲキサポ!転職」は、2カ月で33万円と高額にもかかわらず、相談する若者が続々と増えている。時計や車などのモノにお金をかける代わりに、将来に自己投資をする行動から垣間見える、ゆとり世代の焦燥感や時代背景に迫る。(ダイヤモンド編集部 塙 花梨)

 日本の若者は“自己肯定感”が低い――これは、もはや定説になりつつある。

 内閣府が2019年に発表した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」よれば、調査対象となった満13~29歳までの男女1000人のうち、「自分自身に満足している」と回答した者の割合は、諸外国(韓国、米国、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデン)が平均7~8割なのに対して、日本は5割弱。また、「自分には長所がある」と思っている者の割合も、諸外国が平均8~9割なのに対して、日本は6割強と圧倒的に低い結果が出た。この調査は2013年にも実施されており、その調査結果と比較しても、低下しているのだ。

 こうした自己肯定感の低さからくる、若者たちの「不安や悩みを誰かに相談したい」という思いが新たな需要を生み出している。人生や恋愛、キャリアを“相談”するサービスが流行しているのだ。

 例えば、個人のスキルを売買できるサービスの「ココナラ」では、有料の人生相談や占いの人気が高い。また、LINE上で占い師にチャットで相談ができるサービス「トーク占い」は、開始から3年で総鑑定数93万人を超えている。