映画監督・上田慎一郎氏(左)と、ピースオブケイクnoteプロデューサーの徳力基彦氏(右) 提供:Agenda note

映画『カメラを止めるな!』を手掛けた、映画監督の上田慎一郎氏との対談インタビュー。本作は低予算のインディーズ映画ながら、全国300館以上で上映される異例の大ヒットを記録。新作映画『イソップの思うツボ』『スペシャルアクターズ』のプロモーション戦略を含めて、上田監督のコミュニケーション論に迫ります。(編集注:本記事は2019年9月17日にAgenda noteで掲載された記事の転載です。登場人物の肩書きや紹介するサービスの情報は当時の内容となります) 

Twitter運用を監督がするのは、映画業界では普通?

徳力 以前、映画『カメラを止めるな!』の打ち上げに参加させていただき、映画のプロモーションが成功した秘訣について関係者の方々にいろいろお聞きしたところ、皆さんが口を揃えて「上田監督だから」「上田組だから、ヒットできた」と、お話しされていたことが印象的でした。

 そこで今日は、上田監督にあえて失礼ながら作品の中身ではなく、なぜ監督がTwitter上であれだけ丁寧に観客とやり取りをしていたのかも含めて、観客とのコミュニケーションや映画のプロモーションについて深掘りしたいと思っています。

 私は上田監督が自ら映画の公式アカウントを運用していたことに驚いたのですが、映画業界では普通なのですか。

上田 メジャー映画では無いと思いますが、インディーズ映画や自主制作映画の場合は監督かプロデューサーが運用している場合が多いですね。

 インディーズの場合、人手がないという理由もありますが、やはり、最も作品を愛し、大事にしている創り手自身の言葉が一番熱を帯びると思うので。ただ、SNSは苦手だし面倒だと感じている監督も多いですし、力の入れ具合には差があると思います。