somewhere代表取締役の甚田翔也氏 Photo by Katsuhiro Honda
somewhere代表取締役の甚田翔也氏 Photo by Katsuhiro Honda

ついつい重い腰が上がらない飲食店の予約や変更、宅配便の再配達依頼――こうした面倒を一手に引き受けてくれる月額制のサービス「mend」が事前登録を開始した。学生時代からスタートアップでインターンを経験してきた同サービスを展開するsomewhere代表の甚田翔也氏に、サービス開発の経緯について話を聞いた。(フリーランスライター 本多カツヒロ)

ユーザーのあらゆる“面倒ごと”をLINE経由で解決

 会食の店選びや予約・変更、宅配便の再配達依頼、ついつい先延ばしにしてしまう日常生活の面倒な手続きを、専用アカウントとのLINEのやり取りのみで代行してくれるサービスがある。その名は「mend(メンド)」。

 運営元のスタートアップ企業・somewhereはこれまで2年間、スタートアップ経営者や投資家など数十名に限定して試験的にサービスを展開してきたが、いよいよ本格稼働を始める。同社は3月2日、一般向けに事前登録の受付を開始した。

 また同時に、2019年3月に個人投資家から3500万円、2019年12月に千葉道場ファンド、FGN ABBALabファンドなどから7500万円の資金調達を実施し、累計資金調達額が1.1億円に達したことも明らかにした。

 mendは、ユーザーのさまざまな“面倒ごと”をLINE経由で解決するコンシェルジュサービスだ。

 たとえば会食の店選びをLINE経由でお願いすると、人数や日時、場所、個室の有無はもちろんのこと、店の雰囲気など定性的な情報までもLINE上でユーザーとすり合わせ、最短で30分で店を予約してくれる。その他にも旅行の手配や調べ物など、オンライン上で調べたり、設定したりすれば解決できることであれば、基本的に対応する。ただし、反社会的なリスクがあるものや弁護士の見解が必要なリサーチなど、法に抵触するリクエストには応じていない。