『カメラを止めるな!』映画監督の上田慎一郎氏 提供:Agenda note

低予算のインディーズ映画ながら、全国300館以上で上映され異例の大ヒットを記録した『カメラを止めるな!』。監督の上田慎一郎氏は、どのようにTwitterを活用して、ファンと丁寧なコミュニケーションを図っていたのか。アジャイルメディア・ネットワークの徳力基彦氏が詳しく話を聞きました。(編集注:本記事は2019年9月24日にAgenda noteで掲載された記事の転載です。登場人物の肩書きや紹介するサービスの情報は当時の内容となります)
>>前編はこちら

上田監督がハリウッド映画の宣伝を担当したら

徳力 もし、上田監督がいわゆるハリウッド作品のようなメジャー映画のプロモーションを担当することになったら、どういう挑戦をすると思いますか。

上田 観客に知られている映画か、まったく知られていないかで違うでしょうね。知られている映画であれば、公開する情報を制限して観たい人がジリジリするような状況をつくって、公開日に一気に爆発させる流れですよね。でも、これは『天気の子』や『シン・ゴジラ』みたいなメジャー映画だけができる手法でもあります。

徳力 ベースとなるファンがある程度いる場合ですね。無名の映画が何の情報も出さなかったら、そもそも誰も観に行ってくれませんし。

上田 そうです。なので、知られていない場合は、まず面白い映画をつくることが大前提ですが、公開日までできるだけ情報をオープンにして、試写会を通じて多くの人に観てもらうと思います。そして、まだ観ていない人に早く観たいとワクワクして待ってもらって、公開して一気に爆発させたい。

徳力 映画のテレビCMで使われる「全米No.1」といった常套句がネット上では、よく揶揄されます。こうした映画のプロモーションについては、どう思いますか。

上田 真実を隠せない時代ですよね。テレビCMで「大ヒット上映中」と言っても、本当にヒットしているかは、調べればすぐに分かります。それよりも僕は「ぼちぼちヒット中」と言った方が信じてもらえると思います。

徳力 正直ですね(笑)。でも確かに、映画業界のプロモーションは、従来の常識としてのテンプレートがしっかり決まっている印象がありますよね。

上田 そうですね。宣伝は映画と同じように、もっとクリエイティブであっていいと思っています。作品に負けないくらいの気持ちで一緒に面白い宣伝をしかけたいですよね。