ホットリンク 執行役員CMOの飯髙悠太氏 (左)と、ピースオブケイクnoteプロデューサーの徳力基彦氏(右) 提供:Agenda note

昨年8月に発売した著書『僕らはSNSでモノを買う』がヒット中の、ホットリンク 執行役員CMOの飯高悠太氏(「高」は正しくは「はしごだか」)が登場。SNSを活用したマーケティングの課題から、企業の担当者が必要とする視点まで詳しく話を聞きました。(編集注:本記事は2019年10月23日にAgenda noteで掲載された記事の転載です。登場人物の肩書きや紹介するサービスの情報は当時の内容となります)

徳力 今年8月に飯高さんが上梓された書籍『僕らはSNSでモノを買う』を読んで、私はとても羨ましいと思いました。

 というのも、私自身も「ユーザーがメディア化しているから、SNSでモノが買われるようになっている」と、10年以上ずっと言い続けてきたつもりだったんですが、私たちの世代が企業のマーケティング担当者に伝えても、どうしても「『彼らは』SNSでモノを買うんです」になってしまうんですよね。

 担当者の人も頭では分かっているんだけど、何となく現実感がないような感じがしてしまうんです。それが今回、ついに「僕らは」と主語で発信してくれる人が現れたので、しみじみと喜んでいるところです。

飯高 よかったです!

徳力 飯高さんは1986年生まれですよね。私はインターネットに最初に触れた年代によって、ネット上のコミュニティに対する向き合い方が変わり、それがビジネスにも影響を与えているという仮説を持っています。飯高さんが最初にインターネットに触れたのは、いつ頃ですか。