株式レポート

今はリスクが大きすぎる 反発大相場へ向けた忍耐のとき - 日本株銘柄フォーカス

3月16日 11時54分
マネックス証券
facebook-share
twitter-icon
このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS最新記事
印刷向け表示

リーマン・ショック級またはそれを上回る経済ショックに

コロナウィルスの世界的な感染拡大が止まりません。3月15日時点の日本での感染者数(クルーズ船除く)は約800人と比較的抑えられていますが、イタリアの感染者数は既に約25,000人、イランは約14,000人、韓国も8,000人超え、米国も3,000人超えと世界的に感染が広がってしまっています(各種報道より)。

これにより世界の経済活動は麻痺する方向に向かっています。日本が中国や韓国に対して入国制限をかけているだけでなく、日本も56か国/地域から入国制限を受けています(3月16日6時外務省発表)。また、米国は欧州全域への渡航制限を発表しました。世界的に人・モノ・金の動きが止まるわけですから、経済は大きく落ち込まざるを得ません。

ご存じの通り日本ではプロ野球やJリーグ、甲子園の選抜大会といった大きなイベントが開催延期または中止を余儀なくされています。世界でもメジャーリーグやゴルフのマスターズなど多くのスポーツ大会やイベントが延期・中止されています。世界的な流行が収束していない限り、残念ながら東京オリンピックの開催も真剣に危ぶまれるフェーズに来ていると筆者は考えています。

こうした状況を受け筆者は世界経済・日本経済の落ち込みはリーマン・ショック時を上回る可能性さえあると考えています。もちろんリーマン・ショックの時に起きたのは信用不安の連鎖という信用危機であり、今の所それは起きていません。ただ、以下のグラフをご覧ください。

 

上のグラフは、リーマン・ショック時(2008年10月―2009年9月)、東日本大震災時(2011年1月―2011年12月)、今回のコロナウィルス・ショック(2019年4月―2020年3月7日まで)時それぞれのJR西日本の運輸取扱収入(鉄道営業収入)の推移を示したものです。JR西日本の発表によれば、この3月(7日まで)の運輸取扱収入は前年比55.1%とほぼ半減しています。グラフをご覧いただければわかるとおり、リーマン・ショック時にも東日本大震災時にもこんな事は起きませんでした。それほど日本国内で人の移動という基本的な活動が止まってしまっていることが推測されます。

冒頭でご説明したようにこういった事態が世界中の多くのところで起きている、または今後起きる可能性があるわけです。特に感染者数の急増が目立つイタリアやスペインでは事実上の国全体の封鎖が行われています。当然こんな移動制限はリーマン・ショック時にはありませんでした。

リーマン・ショック後の2009年、日本と米国の実質経済成長率は日本が-5.4%、米国が-2.5%とともにマイナス成長となりました。コロナウィルスの感染拡大がどれくらいの時期に収束するかにより不透明な部分が多いですが、今年はこれ以上のマイナス成長をリスクシナリオとして考えておいた方が良いかもしれません。

昨年末のレポートで筆者は2020年の世界経済が拡大するとのシナリオを念頭に、株価の上昇シナリオをご紹介していました。しかしコロナウィルスの感染拡大による経済の落ち込みは完全に想定外で、そういった楽観シナリオは完全に撤回させていただきたいと思います。大変申し訳ありません。

 

既に日経平均やNYダウ平均とも、直近の高値から一時30%ほど下落しました。こうした大幅下落を受け13日時点で日経平均の予想PERは10.8倍、PBRは0.8倍(QUICKデータ)と非常に割安な水準まで下落しています。筆者もこれらの割安な指標や多くの優良株が叩き売られているのを見ると、買いスタンスでも良いのではと思わないでもありません。ただ、コロナウィルス問題はまだ不透明な要素が多すぎます。世界的な感染拡大がどこで止まるのか、移動制限や各種の自粛がいつ解除されるのかわかりません。ですから現在は株式投資に大きな資金を投じるのはリスクが大きすぎると判断しています。今はグッと耐え、冷静にマーケットに向き合う局面と考えます。

トランプ大統領の緊急事態宣言や新型コロナウィルスへの対策発表を受け、13日のNYダウ平均は2,000ドル近い大幅高となりました。ただ、今後も大きなボラティリティの中でさらなる安値をつけにいく展開、いわゆる「二番底」を探る展開になるのではないかと想定しています。

株価反発のための3つの条件

ではどのような要素が株価反発に必要となるでしょうか。当然最も大切なのは、(1)コロナウィルスの感染拡大に歯止めがかかることです。また、(2)有効な治療薬が開発され実用化されるフェーズまでいけばマーケットは一気に強気に転じるでしょう。

そして経済的ショックを少しでも和らげるために、(3)世界各国が協調的に大規模な財政出動や金融緩和を実施することもマーケットを安心させるために必要となります。

財政面で米国はいち早く行動しています。トランプ大統領は13日に国家非常事態を宣言し、最大500億ドル(5兆4000億円)を新型コロナウィルスの感染拡大のために利用することを表明しました。

ただ、もし筆者の想定通りにコロナ・ショックが、リーマン・ショック級かそれ以上の経済危機だとすると上記の措置だけでは十分なサポートにならない可能性が高いのではと考えています。5兆4000億円というと非常に大きな金額に見えますが、米国の経済規模(GDP)は日本の4倍ほどありますので、単純計算ですが日本に直して考えると1兆3500億円の経済対策です。おそらくこれで十分とはならないでしょう。

金融面でも各国が金融緩和を急いでいます。FRB(米連邦準備制度理事会)は臨時でFOMC(連邦公開市場委員会)を開催し、3月3日に政策金利を0.5%緊急で引き下げました。ECB(欧州中央銀行)やイングランド銀行も債券購入金額の増額や利下げなどの金融緩和策の実施を表明しました。さらに日本時間16日の早朝にFRBは政策金利を事実上ゼロ金利にし、量的金融緩和の再開を発表しました。

日本でも15日に西村経済再生担当相が「経済への影響はリーマン・ショック並かそれ以上」と発言するなど、日本政府としても大きな危機感を持っていることがわかります。今後おそらく10兆円以上の大規模な経済対策が議論されることになるのではないでしょうか。また、世界各国の中央銀行が緩和措置を講じるなかで日本銀行だけがゼロ回答というわけにはいかないでしょうから開始を早めて行われることになった日銀の金融政策決定会合でも追加金融緩和が発表される可能性が高いとみられます。

やがて過剰流動性による大幅上昇フェーズが来ると予想

新型コロナウィルスの感染拡大がいつ収束するのか、有効な治療薬がいつ開発されるのかは全く見通せません。報道等で専門家の発言を見ていても、「気温が上昇すれば収束する」と言っている方もいれば「もっと長引く」と考えている方もいるようです。

そのため株価底入れの時期を見通すことは全くできませんが、感染拡大の収束がある程度見通せるようになってくれば、世界的に株価は大きく上昇するフェーズが来ると考えます。その理由は前述した各国の大規模な財政出動や金融緩和が今後行われてくれば、いわゆる「金余り」が発生し株式市場にその資金は向かうと思われるからです。

リーマン・ショック後もFRBが実質ゼロ金利政策を採用したことに加え、当時のベン・バーナンキFRB議長が非伝統的な量的金融緩和政策として大規模な債券の購入を行いました。それは「Quantitative Easing」の頭文字をとってQE1(2008年11月~2010年6月)・QE2(2010年11月~2011年6月)・QE3(2012年9月~2014年10月)と3期間に渡って行われました。グラフに示したとおり、QE期間中は株価が大きく上昇しました。

 

現時点で米国がどの程度まで大規模な量的金融緩和を実施するのかわかりませんが、今回がリーマン・ショック級の経済ショックだとの議論が高まれば、リーマン・ショック後に一定の効果があった政策として今後規模の拡大が検討される可能性は十分にあるでしょう。そうした状況となれば、米国を中心に株価が大きく上昇するフェーズを期待しても良いと考えます。

それまでの間は守備の意識を高め、現金保有比率を高めにしてマーケットから振り落とされないよう冷静に対応することが有効と考えます。日本株を購入するとしても、経済が大きく落ち込む中でも業績を伸ばしていけそうな銘柄がマーケット全体の調整に巻き込まれて大きく下落した時に少額ずつ仕込み、リスクを取りすぎないことが有効でしょう。
 

■ご留意いただきたい事項
マネックス証券(以下当社)は、本レポートの内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。記載した情報、予想および判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。当社が有価証券の価格の上昇又は下落について断定的判断を提供することはありません。
本レポートに掲載される内容は、コメント執筆時における筆者の見解・予測であり、当社の意見や予測をあらわすものではありません。また、提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更又は削除されることがございます。
当画面でご案内している内容は、当社でお取扱している商品・サービス等に関連する場合がありますが、投資判断の参考となる情報の提供を目的としており、投資勧誘を目的として作成したものではございません。
当社は本レポートの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本レポートの内容に関する一切の権利は当社にありますので、当社の事前の書面による了解なしに転用・複製・配布することはできません。当社でお取引いただく際は、所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。お取引いただく各商品等には価格の変動・金利の変動・為替の変動等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。また、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化等により、投資元本を割り込み、損失が生じるおそれがあります。信用取引、先物・オプション取引、外国為替証拠金取引をご利用いただく場合は、所定の保証金・証拠金をあらかじめいただく場合がございます。これらの取引には差し入れた保証金・証拠金(当初元本)を上回る損失が生じるおそれがあります。
なお、各商品毎の手数料等およびリスクなどの重要事項については、マネックス証券のウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」(※)をよくお読みいただき、銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身のご判断で行ってください。
((※)https://info.monex.co.jp/policy/risk/index.html)

■利益相反に関する開示事項
当社は、契約に基づき、オリジナルレポートの提供を継続的に行うことに対する対価を契約先金融機関より包括的に得ておりますが、本レポートに対して個別に対価を得ているものではありません。レポート対象企業の選定は当社が独自の判断に基づき行っているものであり、契約先金融機関を含む第三者からの指定は一切受けておりません。レポート執筆者、並びに当社と本レポートの対象会社との間には、利益相反の関係はありません。

(マネックス証券)

 ◆1月~12月までのお得な株主優待の内容はココでチェック!

※株主優待を新設・変更した銘柄の最新情報は
 株主優待【新設・変更・廃止】最新ニュース[2019年]でチェック!

マネックス証券
株式売買手数料(指値) 口座開設
10万円 30万円 50万円
100円 250円 450円
【マネックス証券のメリット】
日本株投資に役立つ「決算&業績予想」、信用取引ではリスク管理に役立つ信用取引自動決済発注サービス「みまもるくん」が便利。米国株は最低手数料5ドル(税抜)からお手軽に投資が可能で、米国ETFを通じて世界中に分散投資できる。投資先の調査、リスク管理、リスク分散など、じっくり腰をすえた大人の投資ができる証券会社と言えるだろう。一方、短期・中期のトレードに役立つツールもそろっている。逆指値ほか多彩な注文方法が利用できる上に、板発注が可能な高機能無料ツール「新マネックストレーダー」が進化中だ。日本株、米国株、先物取引についてロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」も提供しており、スイングトレードに役立つ。
【関連記事】
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の口座開設はこちら!
証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ
 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ
証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ
 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!
ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ
桐谷さんの株主優待銘柄ページへ
証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ
ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ
証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ
iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2019年]
【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2020年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2020年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証 最強のマイル系クレジットカードはこれだ!専門家2人がおすすめするクレジットカード ANAアメックスならANAマイルが無期限で貯められて還元率アップ! じっくり貯めて長距離航空券との交換を目指せ! SBI証券の公式サイトはこちら!
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

どうなる!?日本株
日経平均の新予測
株500激辛診断

5月号3月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

どうなる!? 日本株

プロ68人に緊急アンケート!どうなる!?日本株
日経平均の新予測
楽観派VS悲観派の主張を比べてみよう
「SARS」vs「新型コロナ」相場の違いはどこ?
セクター別の打撃度チェック
DAIBOUCHOUさんWWW9945さんなど
億り人はこう動いた
新型コロナをモノともしない
「追い風」「克服」「ノーダメージ」の株を探せ!

人気の買っていい10万円株は99銘柄!
株500+Jリート14激辛診断
儲かる株の見つけ方
コロナショックの下落幅が小さい株
・来期も配当を増やす連続増配株
・いよいよスタート! 5G関連の株

2020年春のイチオシ株
10万円株/高配当株/株主優待株/Jリート/人気株

●みんな持ってる人気20銘柄の通信簿
・最新決算&アナリスト予想でわかった
来期も絶好調な株28銘柄

今が買いチャンス? 米国株100銘柄
・米国株の5つの心配をプロが解答
・増配し続けているスゴイ株「10年増配株」
・知る人ぞ知るスゴイ成長株「オススメ10倍株」
コロナショックで上がる株

●株入門マンガ/恋する株式相場! 
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活! ライフ

別冊付録
●来期業績を先回り!

上場全3761銘柄の最新理論株価

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

【重要なお知らせ】
>>定期購読の価格改定について


>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

【法人カード・オブ・ザ・イヤー2020】 クレジットカードの専門家が選んだ 2020年おすすめ「法人カード」を発表! 「キャッシュレス決済」おすすめ比較 山本潤の超成長株投資の真髄で、成長株投資をはじめよう!(ザイ投資戦略メルマガ)

ダイヤモンド不動産研究所のお役立ち情報