ミサイルの発射に立ち会ったとされる金正恩委員長
3月23日、北朝鮮はこのほど軍事演習を行い、週末には短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を発射。国営メディアが伝えた兵士らの映像は2月末以来、初めてマスクを着用していなかった。写真はミサイルの発射に立ち会ったとされる金正恩委員長。3月22日、朝鮮中央通信が公開(2020年 KCNA)

[ソウル 23日 ロイター] - 世界の注目が新型コロナウイルスの感染拡大に集中しているここ数週間、北朝鮮はミサイル開発と軍事演習を一層強化し、国内での感染問題の制御を改めて誇示している。

 北朝鮮は国内で感染者が1人も出ていないと主張しているが、海外の専門家らは懐疑的だ。

 しかし北朝鮮はこのほど軍事演習を行い、週末には短距離弾道ミサイルと推定される飛翔体を発射。国営メディアが伝えた兵士らの映像は2月末以来、初めてマスクを着用していなかった。

 同国はまた、感染阻止のために外国人に対して実施していた隔離措置をほぼすべて解除したと発表して専門家を驚かせた上、4月初めに大規模な最高人民会議(国会)を開くとも宣言した。

 北朝鮮を観察するウェブサイト、NKニュースのソウル在住アナリスト、レイチェル・ミンヨン・リー氏は「北朝鮮が春の最高人民会議を敢行することに少し驚いている」と言う。

 ただリー氏は、「北朝鮮メディアは過去2週間、政府が新型コロナ問題の制御に自信を深めていることを示唆する方向にシフトしているようで、この変化と今回の決定は整合的だ」と述べた。