ホワイトプラス代表取締役社長の井下孝之氏 Photo by Daisuke Kikuchi

スーツやワイシャツはビジネスパーソンの“戦闘服”。ヨレヨレではみっともないが、クリーニングは後回しにされがちだ。「平日の営業時間に店舗に行くのは難しい」「休日は趣味や家族サービスに時間を費やしたい」。そんな悩みをネット宅配クリーニングの「リネット」は解消しようとしている。その利便性のキモは「ネットとリアルの融合」だ。サービスを運営するホワイトプラスは3月27日、総額15億円の資金調達を実施し更なる顧客体験の向上を目指すことを発表した。(ダイヤモンド編集部 菊池大介)

3年を費やし実現した利便性

 宅配クリーニングサービスの「リネット」は、ネットやアプリで集配日を指定し、衣類を箱や袋に詰めて配達員に渡すだけで、最短2日後にクリーニングされた状態で自宅に届くというサービスだ。月会費制の「プレミアム会員」に登録すれば、深夜・早朝の集配、翌日届けなどの配送便での特典が利用できるほか、ワイシャツの抗菌防臭加工などのオプションや通常会員では利用できない毛玉・毛取りなどのオプションが標準で受けられる。

「クリーニングに行くとなると時間に縛られるし、店舗まで出向かなければならず、予定が潰れてしまうこともある」

 誰の口からでも出てきそうな台詞だが、ホワイトプラスの代表取締役社長・井下孝之氏は取材の席でこう切り出した。そう、彼自身もクリーニングの不便さに不満を感じていたビジネスパーソンのうちの1人だったのだ。