Yper代表取締役の内山智晴氏 提供:Yper 
楽天ロゴ入りの置き配専用バッグを持つYper代表取締役の内山智晴氏 提供:Yper 

ECの急成長によって広がる宅配の需要。その一方で、問題になっているのが、度重なる再配達などによる配達員の不足や過労だ。そこで近年少しずつ増えているのが、不在時に玄関や宅配ボックスに荷物を入れておく「置き配」だ。3月からアマゾンジャパンでも標準の配達手段として置き配を導入している。そんな置き配のためのバッグとアプリを組み合わせたサービス「OKIPPA(オキッパ)」を提供するスタートアップのYper(イーパー)が、楽天と提携を発表した。同社が考える置き配の未来、そして新型コロナウイルスの影響を聞いた。(編集・ライター 野口直希)

楽天の独自物流サービスと組む
“置き配スタートアップ”

 OKIPPAは宅配バッグとスマートフォンアプリを使った置き配サービスだ。ECでの注文時、住所欄や備考欄に「OKIPPAへの配達希望」と追記して、不在時に荷物が届いた際、あらかじめドアの取手に吊り下げた専用のバッグに入れておいてもらうというものだ。

 バッグの容量は57L(2Lペットボトル18本分)で、使用しない時にはそのままドアに吊り下げておくことも可能だ。盗難防止用にシリンダー式南京錠とワイヤーが付属している。税別価格は3980円で、公式オンラインストアやAmazonなどで購入できる。

 専用アプリでは、ネット通販サイトで購入した商品を自動で取得し、配送状況をいつでも確認可能。荷物が配送されると配送完了通知が届く。

 今回決まった楽天との提携では、4月22日から楽天の運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の配送手段にOKIPPAが追加された。また、これを記念して楽天のロゴが入ったOKIPPAバッグを1万名にプレゼントするキャンペーンも開始している。