ビリー・ブランクス氏とLEAN BODY執行役員・CXOの鞍立寛子氏 提供:LEAN BODY

「お遊びのつもりか?」、「君ならできる!」、「ビクトリー!」――。こんなセリフに聞き覚えはあるだろうか。そう、15年前に大ヒットしたフィットネスDVD「ビリーズブートキャンプ」でインストラクターを務める“ビリー隊長”ことビリー・ブランクス氏が視聴者である“隊員”に向けて放つ言葉だ。実は今、64歳を迎えたビリー隊長が、日本のスタートアップと組んで、「令和版」と銘打った新作動画を配信しているのをご存じだろうか。仕掛け人であるフィットネス動画配信のスタートアップ企業・LEAN BODY(リーンボディ)にリリースまでの経緯を聞いた。(ダイヤモンド編集部 菊池大介)

ビリー隊長へのオファー、最初は「ダメ元」だった

 動画配信プラットフォームがユーザーを増やすにはヒットコンテンツは欠かせない。スマートフォンに特化したフィットネス動画配信サービス「LEAN BODY」を提供するLEAN BODYも、サービスの構想段階から「強力なコンテンツ」を探し求めていた。

「有名なフィットネスインストラクターといえば、ビリー隊長」

 LEAN BODYで主にコンテンツを担当する執行役員・CXOの鞍立寛子氏は取材でこう切り出した。15年前にヒットしたビリーズブートキャンプのDVDの販売枚数は150万枚で、ターゲットは20から40代の女性。女性をターゲットとするLEAN BODYのユーザーにとっても、うってつけのコンテンツだったのだ。