ニューヨーク証券取引所
米連邦準備理事会(FRB)はマイナス金利導入の可能性をほぼ否定してきたが、パンデミック(世界的な大流行)が経済・金融市場に広範な影響を与えたことで、投資家はドラスティックな政策変更が行われた場合の影響を真剣に考えざるを得なくなっている。写真はニューヨーク証券取引所。4月26日撮影(2020年 ロイター/Jeenah Moon)

[ニューヨーク/シンガポール 12日 ロイター」 - 米国がマイナス金利を採用するなど、かつては想像すらできなかった。だが、新型コロナウイルスによって状況は一変した。

 米連邦準備理事会(FRB)はマイナス金利導入の可能性をほぼ否定してきたが、パンデミック(世界的な大流行)が経済・金融市場に広範な影響を与えたことで、投資家はドラスティックな政策変更が行われた場合の影響を真剣に考えざるを得なくなっている。

 バンク・オブ・アメリカ・セキュリティーズが1年物米スワップ金利のオプション取引に基づいて分析したところでは、政策金利のフェデラルファンド(FF)金利が12月末までにゼロを下回る確率は23%と、先週の9─10%から上昇している。

 FF金利先物も、2021年6月時点でFF金利が約1ベーシスポイントのマイナスになると予測する水準となっている。パンデミックの打撃により米国経済が大恐慌以降で最も急激な後退に向かっているためだ。

 トールバッケン・キャピタル・アドバイザーズのマイケル・パーベス最高経営責任者(CEO)は、「(マイナス金利は)机上の空論から明白な可能性へと転じた」と言う。

 パーベス氏自身は依然として、FRBが実際にマイナス金利に踏み込む可能性は「相当に低い」と考えている。だが、前例のない値動きからは、市場がこれまでは考えられなかった可能性を想定しており、また、銀行の収益悪化、国債利回りのマイナス、さらには金融市場の混乱や資本流出に至るまで、投資家が幅広い結果に備えていることをうかがわせる。