徳力基彦氏(左)、石川森生氏(右) 提供:Agenda note

デジタル領域を出自としながら、DMなどリアルな手法をデジタルと組み合わせることで成果を出し、昨年は全日本DM大賞のグランプリを受賞したディノス・セシールでCECOを務める石川森生氏。第1回第2回に続き、第3回ではカタログを強みにする通販会社ディノス・セシールに飛び込んで考えたこと、そして現在の挑戦について迫りました。(編集注:本記事は2020年4月21日にAgenda noteで掲載された記事の転載です。登場人物の肩書きや紹介するサービスの情報は当時の内容となります)

想定よりも紙のビジネスのレベルが高かった

徳力 デジタルに価値を生み出すという目的で、ディノス・セシールに入社されたわけですが、実際に入ってみて、どうでしたか。

石川 入社前は無駄なコストがたくさんあるはずだから、その無駄を削れば、新しい実験をするための予算が捻出できるだろうと思っていました。流通額が1100億円だったので、その1%を削れば10億円だなと。

 でも、入社してすぐ、紙はコストがかかるため、セグメントをとにかく細かく切り分けて精度の高いターゲティングを行うなど、Webよりもずっとレベルが高いということに気づきました(笑)。

徳力 それで、どうされたんですか。