武漢市の自動車工場
5月21日、世界的な新型コロナウイルスの蔓延から、中国がいち早く回復の動きを見せている。日本企業にとっては、工場の再稼働や部品輸出の復活、消費の回復など「明」の側面がある一方で、中国の勢力が増す「暗」の部分もある。写真は中国・武漢市の自動車工場。4月撮影(2020年 ロイター/Aly Song/File Photo)

[東京 21日 ロイター] - 世界的な新型コロナウイルスの蔓延から、中国がいち早く回復の動きを見せている。日本企業にとっては、工場の再稼働や部品輸出の復活、消費の回復など「明」の側面がある一方で、中国の勢力が増す「暗」の部分もある。需要減の直撃を受けている鉄鋼業界は「原料高・製品安」の再来に懸念を示している。

中国のビジネスモデル導入

 中国の鉱工業生産は4月に前年同月比3.9%増と今年初めてプラスに転じ、ロイターがまとめたアナリスト予想1.5%増を上回る回復を見せた。

 医療物資を各国に提供する「マスク外交」は批判の対象にもなっているが、中国の経済回復は、今期業績予想を未定とするなど先を見通せていない日本企業にとって明るい材料と言える。

 サプライチェーンと需要の両面で中国の影響を大きく受けた自動車産業。4月の日産自動車の中国販売台数が前年比1.1%増となるなど、需要面での戻りは顕著だ。ホンダの倉石誠司副社長は12日の決算会見で、4月中旬までに現地拠点で稼働を再開した中国について「新エネ車の優遇政策の延長や一部ナンバープレート発給規制の緩和などの消費刺激策が打たれ、市場は活発化してきている」との認識を示した。「4月の販売実績は前年同期比9割まで回復しており、受注も好調に推移している」という。