ベトナム 2020年6月3日

【緊急レポート】新型コロナ対策優等生といわれるベトナム。
在住日本人から見たベトナム政府の対応はどうだったか?

保健省などから次々とショートメッセージが届く

 ベトナム保健省やホーチミン市人民委員会(市役所に相当する機関)からのショートメッセージ(SMS)が、携帯電話に次々と届いたことにも驚かされた。私の手元に残っている最初のSMSは3月10日に発信されたもの。感染者が再発した3月6日から3月末までは、感染者が急増し、国民の間で不安感・危機感が高まった時期である。この間に15通のSMSを受け取っている。

 3月10日に届いたベトナム保健省からのSMSは「COVID-19の感染拡大を防ぐために協力してください!」に始まり、「石鹸を使って手を洗いましょう」「アルコール液で手を消毒しましょう」「咳やくしゃみをするときはティッシュで口を鼻を覆いましょう」「マスクを着用しましょう」など助言が書かれている。

 これらの注意自体は決して目新しくはない。しかしこれを受け取ったときは、ベトナム政府の「国民を新型コロナウイルスから守ろう」という「やる気」を垣間見たような気がしたものだ。

 SMSは、英語で届いた1通を除きすべてベトナム語だった。しかし最近の翻訳アプリの性能向上は目覚ましく、例えベトナム語がわからなくても、アプリを使えばかなり正確に意味は読み取れる。ちなみに英語だったのは、ベトナム保健省からの「ベトナム国外から入国する人(ベトナム国民および外国人)は、インターネット上に用意されたフォームで健康状態の申請をしてください」というもの。外国人が主な対象だったので、英語にしたのだろう。

3月10日にベトナム保健省から届いたSNS

決定は常に直前になって知らされる

 ベトナムらしいなと思ったのは、重要な指示が出るのが常に直前だったことである。一連の対策の中で、政府が下したいちばん大きな決定は、4月1日0時から実施された「首相指示第16号」だろう。

 これは全国規模の社会隔離を決めたもので、「外出禁止」「公共交通機関の運行停止」「レストランなど商業施設の営業停止」などが盛り込まれている。これが発出されたのは、実施前日の3月31日だった。

 これに先立つ3月28日に、これより規制の緩い「首相指示第15号」が実行されていて、「近々、社会隔離(日本でいわれるロックダウン)が行なわれるのではないか」と予測されていた。とはいえ、これほど重要な決定が直前まで発表されないというのは、ドタバタもいいところだ。飲食店関係者は対応に右往左往したらしい。

 首相指示第16号で決められた社会隔離期間は4月15日までである。その日が近づくにつれて「社会隔離は15日で終わりになるのか」というのが、市民の興味の焦点となっていた。ところが継続されるのか、延期されるのか、その決定がなかなか出ない。フック首相が「16日以降も、感染リスクの高い12の省と市で16号を継続する」と決めたのは、結局前日の15日だった。

 首相指示第15号が開始されてから16号の発出まではわずか3日間しかない。最初から本当の狙いは16号にあり、15号は国民に心の準備をさせるための一時的な措置として出されたものかもしれない。それにしても4日間では、15号は効果が出ているのか、それを継続すれば事態を沈静化できるのか、これらを検証する時間はなかったはずだ。

 しかも28日に15号が実行された後、1日あたりの感染者数は29日が20人、30日が10人、31日が8人と減っている。国民にさらなる不便を強い、経済への影響が大きい16号を先延ばしにするという選択肢もあっただろう。それでもあえて16号に踏み切ったのは「やってみないとわからない」「試しにやってみて、うまく行かなければ引っ込めればいい」という、ベトナム人にありがちな「いきあたりばったり」の精神が働いたのではないかと、私は推測している。

 ベトナム歴が25年を超える日本人在住者は「指示の発出から実行までの期間が短いのは、食料品の買い占めなどパニックを防ぐためのベトナム政府の作戦」だと解説してくれた。4月1日からの外出を禁止する指令が出たのが前日の31日。確かに、これでは自宅待機に備えて食料品などの買い出しに走る時間はない。ちなみに4月1日以降も、食料品など生活必需品などの買い物は許可されており、生活に不自由は感じなかった。

外国人の入国を停止した3月22日朝のホーチミン・タンソンニャット国際空港の国際線到着出口【撮影/中安昭人】

作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

幸福の「資本」論|橘玲著 幸福の「資本」論 重版出来!
橘玲著

あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」。あなたが目指すべき人生は?
定価:1,650円(税込) 発行:ダイヤモンド社
購入はコチラ!
世の中の仕組みと人生のデザイン|橘玲のメルマガ配信中! 20日間無料 ザイでしか読めない!橘玲のメルマガ「世の中の仕組みと人生のデザイン」も好評配信中!
月額880円(税込)
いますぐ試す(20日間無料)
 

 

バックナンバー

»関連記事一覧を見る

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。