Shopify Japan代表のマーク・ワング氏 提供:Shopify

カナダ発のECサイト構築プラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」は、アマゾン以外の販路を求める中小企業に支持されていることから「アマゾンキラー」とも呼ばれている。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同社を利用しECサイトを立ち上げる事業者は世界的に急増。昨年、利用企業数100万突破を発表した同社は、飲食店や伝統企業など、新たな層に利用され始めている。(ダイヤモンド編集部 菊池大介)

コロナで苦しむ飲食店向けの新機能

 カナダ発ECプラットフォームShopifyの企業理念は「Make commerce better for everyone(すべての人々の商取引をよりよくする )」。新型コロナの感染拡大による外出自粛で小売や飲食業のネット通販への対応が急がれるなか、店舗のEC化を推進するShopifyの意義は増している。

 ShopifyのCEO・Tobi Lütke(トビー・リュトケ)氏は5月21日(日本時間)にオンラインで開催された出店事業者向けの戦略発表会「Reunite(リユナイト)」で、「前例のない時代が訪れている。現在、私たちはできるだけ多くの中小企業がこの困難を乗り切るための支援に専念している」と述べた。コロナ禍によりオンライン開催となったReunite。発表された新機能や既存サービスのアップデートは、外出自粛による売上減に悩む小売業者や飲食店がすぐに活用できるものが目立った。