チュークは沈船ダイビングの聖地
チュークは沈船ダイビングの聖地

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、沈船ダイビングができるミクロネシア連邦チューク州の情報を紹介します。太平洋に浮かぶ南の島、世界最大級の環礁であるミクロネシア連邦チューク州。日本人向け無人島リゾート“ジープ島”での無人島滞在や野生のイルカ、満天の星空観察、そして世界最高といわれる沈船ダイビングが楽しめる場所。決してアクセスが良いとは言えませんし、快適なホテルもない場所ですが、一生忘れることができない旅ができる場所──。そんなチューク州政府観光局の日本語公式サイトが、初めてオープンしました。(青年海外協力隊 倉林元気)

ミクロネシア連邦チューク州について

チュークの本島、ウエノ島
チュークの本島、ウエノ島。観光の拠点

 チューク州政府観光局の日本語公式サイトはこちら。
 URL:https://visitchuuk.wixsite.com/japanese

 著者は青年海外協力隊の一員として現地に約2年居住。精力的に隊員活動に勤しむかたわら、沈船ダイビングに没頭し、270本ダイビングをしました。それだけ潜ってもまだ新しい発見があり、飽きることがありません。他にもジープ島などで無人島滞在を楽しみ、大自然の美しさを何度も体験しました。沈船の内部で76年前の時計や本を見た時、ジープ島で水平線から水平線までかかる広大な天の川を見た時、野生のイルカとずっと一緒に泳いだ時……。心が震えました。