LayerX代表取締役の福島良典氏 提供:LayerX
LayerX代表取締役の福島良典氏 提供:LayerX

コロナ禍を契機に、これまで以上に注目の集まるDX(デジタルトランスフォーメーション)。そのDX関連の開発を手がけるLayerXが30億円の資金調達を実施した。同社はニュースアプリ「グノシー」で有名なGunosyからMBOしたスタートアップだ。LayerX代表取締役でGunosy共同創業者である福島良典氏に、資金調達の意図、そしてニューノーマルな時代に求められる日本企業のDXについて聞いた。

 Gunosy共同創業者の1人である福島良典氏。彼は東京大学大学院に在学中、同級生2人とともに起業し、創業から2年半で東証マザーズ市場に上場。その3年後には東証一部への市場変更を果たした。

 そんな福島氏が今注目しているのが、ブロックチェーン技術を中心にした、業務プロセスのデジタル化(DX・デジタルトランスフォーメーション)だ。2019年7月、Gunosy子会社として立ち上げたDX事業子会社のLayerXをMBO(Management Buyout、経営陣による買収)して独立。今年5月には、ベンチャーキャピタルのジャフコ、ANRI、YJキャピタルを引き受け先とした総額約30億円の資金調達を実施したことを明らかにした。

 LayerXは企業のDXに向けたシステム開発を手がけるが、その姿勢は単なる“受託開発”ではなく、合弁会社の設立や、共同事業の展開など、自らが事業者としてのリスクとリターンを取る姿勢を特徴としている。2019年には三菱UFJフィナンシャル・グループとの協業、2020年4月には三井物産、SMBC日興証券、三井住友信託銀行とアセットマネジメント事業のジョイントベンチャーを設立。ニトリとも新たな物流システムの開発を準備中だとあきらかにしている。30億円の資金調達も、今後あたらな産業領域でのジョイントベンチャー設立も視野に入れたものだという。