NOT A HOTEL代表取締役CEO 濵渦伸次氏 Photo by Naoyuki Hayashi
NOT A HOTEL代表取締役CEO 濵渦伸次氏 Photo by Naoyuki Hayashi

「D2Cの考え方で、これまでにないホテルを作りたい」。コロナ禍で痛手を受けるホテル業界に、あえて今参入しようとしている起業家がいる。ZOZO傘下のアラタナで、アパレル企業向けにECサービスを提供してきた濱渦伸次氏だ。濱渦氏がECの世界から飛び出して、ホテルのD2Cブランド「NOT A HOTEL」を立ち上げた経緯について、話を聞いた。(編集・ライター ムコハタワカコ)

「ホテルはもっと変えられる」
ECの雄がホテルD2Cに取り組む理由

 濱渦伸次氏がEC構築サービスを手がけるアラタナを宮崎で立ち上げたのは、2007年のことだ。2015年3月にアラタナは、ZOZO(当時の社名はスタートトゥデイ)の子会社としてZOZOグループに参画したが、その後もアパレル企業向けにECシステムやWEBマーケティング、物流サービスなど、EC関連サービスを提供してきた。

 今年4月1日、ZOZOおよび同グループのサービス運営・技術開発を担うZOZOテクノロジーズにアラタナが吸収合併されるまでの13年間、濱渦氏は一貫してEC畑、それもモールを通さずにブランドが消費者に商品を直接提供できるD2C(ダイレクト・トゥ・カスタマー)の世界を歩んできた。吸収合併を機に退職した濱渦氏だが、新たなチャレンジの場として選んだのは、一見全くECとはつながりのない“ホテル”の世界だった。

 濱渦氏が立ち上げたホテルのD2Cブランド「NOT A HOTEL(ノット・ア・ホテル)」は、“これまでのホテルのようでホテルではない、新しいユーザー体験を実現する”ホテルテックのスタートアップとして、4月に誕生した。コロナ禍で大きな打撃を受けている旅行・ホテル業界に、この時期にあえて参入するのはなぜか。濱渦氏に尋ねたところ、次のような答えが返ってきた。