ノーコードで公式アプリの作成が可能な「Appify」 提供:D Technologies

新型コロナウイルスの影響でデジタルシフトを進める事業者が増え、ECサイト作成サービス「BASE」の利用者が増加している。5月には100万ショップを突破。これまでは積極的にインターネット上で商売をしてこなかった企業や個人がECサイトにチャレンジし始めている状況だ。そのBASEにショップの公式モバイルアプリを簡単に作れる拡張機能「Appify」が加わった。同サービスを使うことでコーディングの専門スキルがなくても最短2週間、月額4980円でショップ専用のiOSアプリを開発できるようになる。(ライター 大崎真澄)

高度なスキル不要、月額4980円でネットショップをアプリ化

 「Appify」はBASEを使ってECサイトを運営しているショップオーナーが簡単にショップ独自のiOSアプリを作れるサービスだ。

 オーナー向けに用意されているBASEの拡張機能「BASE Apps」からAppifyをインストールした後、アプリ名の登録やApple IDの連携といった初期設定をすれば準備は完了。最短2週間でiOSアプリが完成する。

 自前でモバイルアプリを作ろうと思った場合、ネックになるのがコストと時間だ。場合によっては数百万円規模の制作コスト、数カ月の期間がかかってしまい個人や小規模事業者が簡単に手を出せるものではない。

 Appifyはそれを「民主化」する仕組みだと捉えられるだろう。アプリを作る際に専門的なコーディングスキルなどは一切不要で、必要な期間も2週間前後。料金は月額制のサブスクリプション型を採用しており、月々4980円でアプリを制作・運用できる(アプリをAppStoreに公開するために年額1万1800円のApple Developer Accountに別途登録する必要があるが、それ以外の初期費用などは不要)。

 ショップオーナーにとっては他店の商品と一緒に並べられてしまうモール型のアプリとは異なり、自分の商品だけを扱う独自アプリを作れるのが1つのメリットだ。またアプリにすることでプッシュ通知やクーポンを用いた販促施策を実施できるようにもなる。

 プッシュ通知はメールと比べて開封率が約10倍高いとも言われており、コアなファンに対してお得な情報や新着情報を届ける手段としては効果的だ。ECサイトで集客をしつつ、既存顧客とはアプリを通じて関係性を深めていくといった使い分けもできる。アプリの購入情報や配送情報はすべてBASEに統合され、BASEの管理画面上から同じように運営できるため業務負荷が増える心配もない。