カナダ・アルバータ州の教育プログラムで
新しい時代の女子教育を実践

国本女子中学校・高等学校

女子教育の伝統校である国本女子。2020年4月より世界水準のカナダ・アルバータ州の教育プログラムを導入、高校卒業時に日本とカナダ両方の卒業資格を取得できる「ダブルディプロマ(DD)コース」を開設した。

国本女子中学校・
高等学校
島野英一校長

 グローバル社会で活躍できる人間を育てるには、『ダブルディプロマ(DD)コース』が最適と考えています。グローバル教育や英語教育を受けたいと本気で考えるとき、海外留学やインターナショナルスクールが思い浮かびますが、そこに欠けているものは、日本人としての価値観や、アイデンティティを身に付ける教育。DDコースならば、その両方の獲得が可能になります」

 そう主張するのは、商社出身の島野英一校長だ。国本女子は創立78年を迎える伝統校だが、2018年4月に島野校長が着任してから、外部の視点で抜本的な教育改革に着手。日本で初めてカナダ・アルバータ州の教育省と提携し、「ダブルディプロマ(DD)コース」と併せて「リベラルアーツ(LA)コース」を開設、今年度第1期生が入学した。

日本とカナダ、2カ国の
高校卒業資格を取得

 DDコースのメリットは、まず洗練されたネイティブレベルの英語力を学ぶ機会があること。アルバータ州教育プログラムに基づき、同州認定教員による6年間の英語教育を通じて、高校卒業までにCEFR(セファール) B2、英検準1級以上の英語力を身に付けることができる。中学校の英語の授業は週12時間、高校では全授業の3分の2は同プログラムでの英語の授業となる。

 さらに、これからの社会で必要とされる“国際理解教育”を受けられることも大きい。生徒たちは、世界の多様な文化や価値観を学びながら、違いが存在することを認識し、異なる価値観を受け入れ、尊重する態度や考えを身に付けていく。中3の夏には4週間、高2の夏には6週間、カナダ現地のサマープログラムに参加する研修制度が設けられている。さらに希望者には、アルバータ州提携校への1年間の留学制度も用意されている。

 そして何よりの利点は、卒業時に日本とカナダの2カ国の高校卒業資格を取得できることだ。

日本で初めてカナダ・アルバータ州の教育省と提携し、「ダブルディプロマ(DD)コース」と「リベラルアーツ(LA)コース」を開設。写真はKAIS(Kunimoto Alberta International School )のロゴ

「DDコースは授業時間も長く、勉強は少し大変ですが、逆に中高6年間、大学入試に向けた特別な勉強は必要ありません。ネイティブレベルの英語力と、国際理解力を身に付けた上で、2カ国の高校卒業資格を取得できれば、海外大学はもちろん、総合評価型に移行しつつある国内の大学入試でも高い評価を得られます。そして、AOや推薦、帰国生入試などを利用することで早慶上智、ICUなど国内難関大学に進学できます」(島野校長)

 一方のLAコースは、多様化・複雑化する“予測不能な時代”に対応できる人材を育てるため、教科横断型学習、探究型学習、キャリアデザインに力を入れたコース。こちらでもアルバータ州認定教員を含めた英語の授業があり、「使える」英語の習得を目指す。「二つのコースの開設で本校は大きく変わりましたが、創立以来の豊かな情操を育む女子教育の伝統は受け継いでいます」と島野校長。世界トップ水準の教育プログラムを持つカナダ・アルバータ州との提携が、伝統的な女子校に新たな価値を生み出している。

国本女子中学校・高等学校
https://kunimoto.education/
TOP