「気づきの教育」で探究する楽しさを
見いだし、主体的な学びを実現する

淑徳巣鴨中学校・高等学校

2019年に創立100周年を迎えた淑徳巣鴨。浄土宗の僧侶でもあった学祖・長谷川良信(りょうしん)から継承される校訓は「感恩奉仕(かんのんほうし)」。他者への共感力や思いやりの心を育みながら、「気づきの教育」で、生徒たちの主体的な学びを引き出している。

淑徳巣鴨中学校・ 高等学校
石原克哉入試広報部長

 淑徳巣鴨の教育のキーワードは“気づきの教育”だ。

「気づきの教育とは、探究する楽しさを見いだし、新たな課題に挑戦し、創造力を身に付ける主体的な学びのことです。主体性を持ってチャレンジすれば、失敗する中からも新しい自分に気づくことができ、成長するサイクルができる。本校では、その気づきのきっかけをたくさん用意しています」。そう語るのは、入試広報部長の石原克哉教諭だ。

 淑徳巣鴨は日々の授業を大切に考えている。単に知識を増やすだけでなく、気づきの体験から、教科の枠を超えて「分かる」が連鎖できる授業を目指しているのだ。

 例えば理数教育では、「なぜそうなるのか」を追求し、“気づかせる”授業を展開する。

「生徒への声掛け一つで、学びの効果は大きく変わります。“こうだよね”という答えありきの教え方ではなく、“これどう思う?”という問い掛けで、生徒たちは主体性を持って考え始めます。どれほど革新的な授業をしても、気づきを促す声掛けがなければ、単なるパフォーマンスに終わってしまう」と石原教諭。その声を届けるために、常に生徒と真っすぐに向き合うことを大切にしているという。

「気づき」を生み出す
探究型の学び

 気づきの仕掛けとして探究型の学びもある。中1では自分を見つめる「自分史ワーク」、中2では他者との関わりを広げるための「ムービーワーク」、中3では社会に通じる多面的思考を養う「卒業論文」がある。

 高校では、探究心と表現力を鍛えるため、課題設定からプレゼンテーション、振り返りまで一貫して行う「課題研究」に取り組む。高1ではグループで、高2では個人で研究に取り組み、最終的にポスターセッションを行う。「トマトからトマトジュースになると何が変わるのか」「介護はロボットに頼ってよいのか」などテーマは多彩で、教員は生徒たちの主体的な取り組みを最大限にサポートし、研究のプロセスで多くの気づきを生み出している。

 高2で実施される英国修学旅行は、現地校との交流もある。生徒たちが主体的にアイデアを出し、プレゼンテーションやワークショップを通して日本文化を紹介するなど、グローバルな視点での気づきも生まれている。また同校では、学校生活のさまざまな場面で活躍する生徒を「ベストスチューデント」「Star of Shukusu」として表彰する制度があり、“褒(ほ)められて気づく!気づいて伸びる!!”文化は校内に浸透している。

 校訓は「感恩奉仕」。自分を取り巻く全ての存在に感謝し、感謝の心で恩返しを行うことを意味している。「もともと活発で明るい学校ですが、気づきの教育を通して、生徒たちは自分の意見や気持ちをより一層表現できるようになっています。その根本には感恩奉仕があり、優しい笑顔や言葉で人に接する生徒が多いのも特徴です」(石原教諭)。

生徒自らの「気づき」を大切に、6年間の丁寧な教育を行っている「淑巣」。「課題研究」では探究心と表現力を鍛える。写真は高2のポスターセッションの様子
淑徳巣鴨中学校・高等学校 
https://www.shukusu.ed.jp/
TOP