本当に子どもの力を伸ばす学校

“A”(Art)を重視したSTEAM(スティーム)教育を取り入れ
思考と実践から創造性を育む

玉川学園中学部・高等部

人間文化の全てを調和的に形成する「全人教育」を教育信条に掲げる玉川学園。国際バカロレアなど世界標準の教育で知られるが、今、力を入れているのが“A”(Art)を重視した、STEAM教育。伝統の“労作教育”を軸に、生徒たちの創造性を養う。

玉川学園 中学部・高等部
中西郭弘(かつひろ)中学部長

「玉川学園の教育の本質は“触れて・感じて・表現する”ことにあります。創立以来、本物に触れる教育を実践し、探究型学習である自由研究(総合的な学習)に取り組んできました。中でもSTEAM教育を取り入れた学びに力を入れています。本校の特徴は“A”(Art)が、STEAM教育で重要な役割を果たしている点。玉川学園の伝統である、生活に根付く“労作教育”と関連付けながら、主体的な深い学びに取り組んでいます」

 そう語るのは、中西郭弘中学部長だ。STEAM教育とは、科学・技術・工学・芸術・数学の五つの領域を融合し、新しいものを生み出す力を養うための教育。特にAIが進化した社会では、創造性を育む“A”(Art)が重要になると考えられている。

 中学部の美術を担当する瀬底正宣(まさのり)主任は「作品制作を通して“思考すること”を大切にしています。例えば“プロセスジャーナル”というノートを作成、手を動かして制作することと同時に、思考するプロセスを評価の対象としています」と説明する。

 3Dプリンターやレーザー加工機、ShopBotなど、デジタルファブリケーション機能を備えた「ArtLab(アートラボ)」では、学園内の環境整備で伐採した木材を製材し、再利用する「TAMA TREEプロジェクト」を労作として展開。製作した木製の椅子やテープカッターなどは、学園内で実際に使われている。環境からデザイン、生産の分野まで触れることのできる、教科の枠を超えたSTEAM教育が実践されているのだ。

「聖山労作」で
自然と人間との関わりを考える

 昨年度は創立90周年を機に、「TAMA TREEプロジェクト」の一環として、“聖山労作”が行われた。キャンパスの中でも最も標高の高い場所にある聖山は、かつては朝の礼拝などに活用されていたが、樹木が育って雑木林のようになっていた。その聖山を整備するため、生徒や教員、卒業生の有志が集まって、樹木の伐採を行ったのだ。

 伐採された樹木は、生木のままArtLabに持ち込み、“ゴッホの椅子”などを制作した。「生徒たちにとっては、樹木を伐採し、森を整備することで、里山(自然)と人間との関わりを考える、とても良いきっかけになったと思います」と瀬底主任は言う。

 デジタルファブリケーションの登場で、自分の発想やアイデアを形にすることが、以前よりも簡単にできるようになった。だがデジタルで切り出した木材は、微妙な癖があってうまくはまらなかったり、強度が足りなかったりする。そこで生徒たちは改めて、デジタルだけに頼らず、手を動かして感覚的にものを作っていく大切さに気付くという。「今や知識はインターネットが補ってくれます。これからの時代は、知識を蓄えるよりも創造性を養うことの方が重要なスキルになっていく。そう信じて、労作教育を行っています」(瀬底主任)。

聖山労作で制作された"ゴッホの椅子"。これはゴッホの絵画『アルルの寝室』に登場する武骨な椅子で、昭和初期に日本に紹介されたもの。併設する幼稚園児のために小さくアレンジして製作された

玉川学園中学部・高等部
https://www.tamagawa.jp/academy/

本当に子どもの力を伸ばす学校
TOP