橘玲の日々刻々 2020年6月26日

男女の性戦略の有力な理論「進化心理学」に挑む「審美主義」。
生き物の美しさは、性淘汰による「美の進化」の賜物なのか?
【橘玲の日々刻々】

 新刊『女と男 なぜわかりあえないのか』(文春新書)で、男と女の生物学的なちがいが私たちの人生や社会に大きな影響を与えていることを、さまざまな興味深い研究にもとづいて紹介した。

 ヒトは進化の過程で直立歩行し、大きな脳をもつようになり、言葉や道具を獲得したが、同様に怒りや悲しみ、よろこびなどの感情(こころ)も進化によってつくられてきた。このように考えるのが進化心理学で、男女の性差は、より多くの子孫を残すため(「利己的な遺伝子」がより効率的に自らの複製を広めるため)の性戦略のちがいから説明される。

 男が精子をつくるコストはきわめて低いから、なんの制約もなければ、一生のあいだに何百人、何千人(あるいはもっと)の女と性交し、子どもをもうけることができる。遺伝人類学は、チンギス・ハンのものと思われる遺伝子(Y染色体)をもつ男性が全世界の人口(男)の0.5%(約6000万人)おり、モンゴル人民共和国と中華人民共和国の内モンゴルでは、このY染色体が25%(男の4人に1人)もの高い頻度で見つかったことを報告している(太田博樹『遺伝人類学入門』ちくま新書)。

 それに対して女は妊娠から出産まで9カ月もかかり、子どもが生まれてからも数年の授乳期間が必要になるため、生涯に産める子どもの数には強い制約がある。つまり、卵子のコストはきわめて高い。

 男(精子)と女(卵子)の生物学的な極端な非対称性から、それぞれの利益を最大化するよう、異なる性戦略が発達した。男の最適戦略はできるだけ多くの女と性交することで、これは「乱交」だ。一方、女の最適戦略はできるだけ多くの資源を男から獲得し、自分と子どもの安全を保障することで、こちらは「純愛」となる。この性愛戦略の対立が、女と男が「わかりあえない」理由だ――と一概に決めつけることもできないのだが、詳しくは拙著をお読みいただきたい。

 進化心理学はきわめて高い説得力をもち、脳科学や分子遺伝学の最新の知見によっても補強されている。これを超える理論はもう出てこないと思っていたのだが、鳥類学者のリチャード・O・プラムは『美の進化 性選択は人間と動物をどう変えたか』(白揚社)でその教義に挑戦している。

 これはきわめて刺激的な議論なので、今回は拙著と重なる部分を中心に、プラムの唱える「審美主義」を紹介してみたい。

生き物の美しさの多くは性淘汰による「美の進化」の賜物

“プログレッシブ”や“ラディカル・レフト”と呼ばれる過激なリベラルは、「男と女には生殖器以外なんの生物学的ちがいもない(あってはならない)」という奇矯な主張をするが、プラムは政治的にリベラルなフェミニストではあっても、鳥類を専門とする進化生物学者だから、もちろんこんなヘンなことはいわない。鳥のオスとメスで性戦略が異なるように、ヒトの男と女も生物学的に異なる性戦略をとるのは当然なのだ。

 だったらプラムは、進化心理学のどこを批判しているのか。それは「適応主義」だ。

 現代の進化論では、すべての生き物は所与の環境のなかで生存と生殖に最適化するよう進化してきたと考える。生き物の生態に驚くべき多様性があるのは、地球環境が多様で複雑だからだ。

 当たり前だと思うかもしれないが、しかしこれを徹底すると、生き物のすべての特徴や行動は適応、すなわち生存・生殖にとって役に立つことと結びつくはずだ。こうして、進化生物学や進化心理学では、研究者が新しい発見をしたときに、それがどのような適応なのかを必ず説明しなくてはならなくなった。

 プラムは生物学者として、もちろん進化の適応の重要性は認める。生存や生殖に不利な特徴をもつ個体は子孫を残すことができず、進化の過程で淘汰されていったことは間違いない。だがこの「適応絶対主義」で、生き物の不思議をすべて説明できるだろうか。

 クジャクの羽根がなぜあのような形態に進化したかは、ダーウィンを悩ませた。あんな重たいものをもっていては、飛ぶことも早く走ることもできず、自らの身を捕食動物の餌食に差し出すようなものだ。生存になんの役にも立たないばかりか、かえってマイナスになる。

 この難問に対してダーウィンの出したこたえは、「性淘汰(配偶者選択)」だった。なんらかの理由でクジャクのメスがオスの美しい羽根を好むようになれば、オスは美しい羽根を進化させる(メスの選り好みによって、より美しい羽根の遺伝子をもったオスだけが子孫を残すことができる)。これが何百世代、何千世代とつづけば、オスの羽根は生存の限界まで巨大化するだろう。

 ところがこの「性淘汰」説は、当初からはげしい批判にさらされた。その先頭に立ったのが進化論の共同発見者で、ダーウィンの「自然淘汰」説を熱烈に擁護したアルフレッド・ウォレスだ。

 二人はどこで袂を分かったのか。ダーウィンが自然淘汰と性淘汰を進化の両輪と考えたのに対し、ウォレスが進化の原理はひとつだけで、性淘汰は自然淘汰の一部だと見なしたことだ。

 クジャクの羽根がより大きく、より美しくなるのは、そのようなオスをメスが選り好みしたからだ。ここまでは両者は同じだが、ウォレスの自然淘汰=適応主義では、大きく美しい羽根はオスが生存・生殖に適したよりよい遺伝子をもっていることの指標だと考える。重たい羽根をひきずりながら生き延びて成長し、左右対称の美しい模様を描けるオスは、寄生虫などに侵されず、健康で頑健な優れた遺伝子を子どもに受け渡すことができるのだ。

 それに対してダーウィンは、適応主義だけではクジャクの羽根の美しさを説明できないと考えた。その目的が健康で頑健は遺伝子を示すことだけなら、あんな極端なものを進化させる必要はないではないか。――これはのちに、ロナルド・フィッシャーが「ランナウェイ効果」として説明した。メスの選り好みとオス同士の競争が共進化することで、羽根の進化が「暴走(ランナウェイ)」するのだ。

 ダーウィンの性淘汰説の問題は、自然淘汰の適応に代わる性淘汰の原理がないことだった。生存・生殖の適応でないとしたら、いったいなんのためにメスは選り好みするのだろうか?

 中南米の熱帯雨林でバードウォッチングに夢中になり、メスを誘うオスたちの複雑精妙なディスプレイに驚いたプラムも、ダーウィンと同じように、これほど美しいものを自然淘汰だけで説明することはできないと考えた。そして大胆にも「適応主義」と並立するもうひとつの進化の原理、「審美主義」を提案する。

 審美主義とは、要するに「美しいものに魅かれる」ことだ。プラムは、ヒトや霊長類など一部の「高度な知能をもつ」哺乳類だけでなく、トリや昆虫に至るまで、生き物の多くは「美」の感覚をもっているとする。オスとメスの非対称性によって、オスが「競争する性」、メスが「選択する性」になった場合、メスの「主観的な美の感覚」によって、オスは自然淘汰の適応を超えより美しくランナウェイ進化する。――これは「美の生起」仮説と呼ばれる。

 進化の基底に自然淘汰があることは間違いないが、生き物の美しさの多くは、性淘汰による「美の進化」の賜物だとプラムは主張したのだ。


作家・橘玲の切れ味鋭い見解が毎週届く!
有料メルマガの
無料お試し購読受付中!
お試しはこちら

海外投資必勝マニュアル&本

海外投資のノウハウが凝縮! ここで紹介しているコンテンツ、書籍はすべて、ネットから購入が可能です。さらに「海外投資実践マニュアル」は「海外投資を楽しむ会」の会員になれば割引価格で購入可能です。

作家・橘玲のディープなメルマガ
発売即重版決定! 橘玲の最新刊【幸福の「資本」論】発売!
橘 玲(Tachibana Akira) 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒業。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『(日本人)』(幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(文藝春秋)、『黄金の扉を開ける賢者の海外投資術』(ダイヤモンド社)など。
橘玲×ZAiONLINE海外投資の歩き方
作家・橘玲がメルマガ配信を開始!
subcolumn下影

ページのトップに戻る

本WEBサイトに掲載している全ての記事およびデータについて、その情報源の正確性・確実性・適時性を保証したものではありません。本サイトの提供情報を利用することで被った被害について、当社および情報提供元は一切の責任を負いませ ん。万一、本サイトの提供情報の内容に誤りがあった場合でも、当社および情報提供元は一切責任を負いません。本サイトからアクセス可能な、第三者が運営するサイトのアドレスおよび掲載内容の正確性についても保証するものではなく、このような第三者サイトの利用による損害について、当社は一切責任を負いません。また、併せて下段の「プライバシーポリシー・著作権」もご確認ください。